ディズニー総チェック 評論

【映画記事】『シュガー・ラッシュ』ーなんでも「ディズニファイ」できちゃいますー【ディズニー総チェック】

2021年6月12日

 

今回も「長編ディズニーアニメーション」を公開順に鑑賞し、評論していく「ディズニー総チェック」

今日は、通算52作品目『シュガー・ラッシュ』を深堀りしていきたいと思います。

 

 

この作品のポイント

  • どのような題材も「ディズニファイ」可能。
  • 「なりたい自分」と「現実の自分」の悩み。

『シュガー・ラッシュ』について

基本データ

基本データ

  • 公開 2012年
  • 監督 リッチ・ムーア
  • 脚本 フィル・ジョンストン/ジェニファー・リー
  • 声の出演 ジョン・C・ライリー/サラ・シルバーマン ほか

あらすじ

長年ゲームセンターのゲームの中で悪役を演じ続けてきたラルフ

本当の自分は悪者ではなく、心優しきヒーローなのだとみんなに認めてもらうため、アクション満載の冒険へと飛び出す。

他のゲームの世界でラルフは、ちょっと生意気なひとりぼっちの少女ヴァネロペ・フォン・シュウィーツをはじめ、今まで知ることのなかったキャラクターたちと出会う。

ある日、本物の悪者が現れ、世界に崩壊寸前の危機が迫る。

ゲームセンターの運命はラルフの大きな手にゆだねられた。

ディズニープラスより引用

もはや何でも「ディズニファイ」出来る!

題材の自由度が広げる

 

今作はゲームの世界がテーマとなっているのが特徴だ。

 

我々の知らぬ間に「ゲームセンター」のゲーム内のキャラクターたちは自我を持っており、自由に行動をしている。
この設定自体は非常に『トイ・ストーリー』的だ。
つまり、身も蓋もない言い方をすると、今作は非常に「PIXAR」的な作品だといえるのだ。

 

 

 

この構図をどう捉えるかだが、実は「ディズニー」「PIXAR」の合併後、面白い事が起きている。
それは、「ディズニー」が「PIXAR」的な作品を作り、「PIXAR」は割と「独自路線」で作品作りをしているということだ。

 

もちろん「新生ディズニー」は「プリンセスもの」「動物もの」「世界の童話」など、これまでの路線に沿った作品も多く制作している。
だが、『ボルト』や『シュガー・ラッシュ』のように、「PIXAR」が制作しそうな作品も公開している。

 

方や「PIXAR」はというと、たしかに人気タイトルの続編(『トイ・ストーリー4』『ファインディング・ドリー』など)を制作・公開しているが、最近は非常に「チャレンジング」な作品が多い。

例えば『ソウルフル・ワールド』や、今夏公開の『あの夏のルカ』
一見すると、「それは面白いのか?」と疑問を抱く、設定や世界観の作品を多く制作・公開しているのだ。

 

 

つまり現状はこのような構図になっている。

 

 

  • ディズニー・・・伝統的作風の作品/従来「PIXAR」が制作していた系統の作品
  • PIXAR・・・チャレンジングな設定・世界観の作品

 

 

なので、現状の体制としては「ディズニー」では「外さない」作品。
「PIXAR」は「挑戦」という意味合いの作品。

このような棲み分けになっているといえる。

 

 

恐らくこれは「PIXAR」で「成功」した要素は「ディズニー」に還元。
「PIXAR」はどんどん挑戦する土壌になっているのではないだろうか?

 

 

つまり、ディズニーで今、語れる作品の系統が増えてきているとも言えるのだ。
ちなみに、少し先の話だが『ベイマックス』など「マーベル」系統も原作に作品制作するなど、その幅はどんどん拡充していっている。

 

そして重要なのは、そのディズニーで語られなかったタイプの作品も、つまり今作も大変おもしろいということだ。

それが何を意味するかと言うと、これまでの「ディズニー」が制作しなかったタイプの作品。
これらもキチンと「ディズニー」は「ディズニーらしく」見せることが出来る、つまり幅の広さを手に入れたということだ。

 

つまり、「ディズニー」は現状どのような題材の作品だったとしても、それを「ディズニーらしく」それすなわち「ディズニファイ」して見せること出来るようになったということだ。

 

 

 

ポイント

✅ディズニーの作品の幅の広がりを感じさせる作品である。

 

 

「なりたい自分」「現実の自分」

認められない2人の邂逅

 

今作で強烈に描かれるのは「なりたい自分」「現実の自分」のギャップについてだ。

 

 

「フィックス・イット・フェリックス」というレトロゲーム内の登場人物であるラルフは、そのゲーム内では「悪役」と設定されている。

そんな彼の望みは、自分も「ヒーロー」になりたい、というものだ。
それは、他人から認めてもらいたいという欲の現れだとも言える。

しかし、彼は「悪役」だ、同ゲーム内のヒーロー、「フィックス・イット・フェリックスJr」とは違い、彼は「破壊」という役目を担わされている。

 

 

深堀りポイント

おもしろのは、冒頭、同じ悩みを抱えていたであろう、様々なゲーム世界の「悪役」が一同に介する「セラピー」が行われているシーンだ。
そこではラルフ以外の「悪役」は、なんとか立ち直り、「今の自分=悪役」を肯定して生きている。

 

 

 

そして、もうひとりの主人公「シュガー・ラッシュ」というゲーム内キャラクターの「ヴァネロペ・フォン・シュウィーツ」もまた、「レーサー」になりたいという願いを持っている。
しかし、彼女は「不具合」を抱えており、そのため、その望みを叶えることが出来ないのだ。

 

今作は、この2人に対する周囲の登場人物の風当たりが、メチャクチャリアル。
これは上手いということだが、正直見ていて「胸糞悪い」レベルで、描かれるのだ。

 

そんな、自分たちの住む「ゲーム」でのけ者にされた2人が出会うのが、今作のメインストーリーだ。

 

 

ポイント

作中で基本、ヴァネロペは「生意気口調」でラルフと会話する。
これでも相当な生意気娘っぷりだが、日本語版では非常にマイルドになっている。

 

 

この2人は多くの共通点がある。
一つに「ゲーム内」で、他者から爪弾きにされていること、そして「今の自分に納得していない」点だ。

この2人の悩み、特に後者はある意味で現実に「我々」も感じる「悩み」と近い。

 

 

ようは「自分が思い描いている理想」と、目の前にある「現実」が異なり過ぎているのだ。

 

 

編集長
こういうことは、仕事をしていたら、時々考えたりしちゃうものではないだろうか?
自分の「理想」とすることと「現実」が違うこと、そんなことに悩んだりしないだろうか?

 

これは「PIXAR」と合併後の「新生ディズニー」の特徴なのだが、今までならば「描かれなかった」ことを描いている。
つまり「現実」にも起こりうる悩みを、ディズニーは作品に落としこんでいるのだ。

 

それはある意味で「ディズニー」の描いていることが「現実に即さなくなった」
意地悪な言い方をすると「夢見心地」な作品(=安易なプリンセスもの等)が、受け入れられなくなってきたことによる反動とも言えるのだ。

 

 

これまでの総チェックでも評論してきたが、ジョン・ラセターがディズニーのCCOに就任してからの作品は、このように過去の「ディズニー的」な要素を批評する側面。
今ままで取り入れなかった価値観を取り入れている。

それこそが、「新生ディズニー」
つまり、新時代にディズニーが生き残る唯一の方法だったのだ。

 

 

 

ポイント

✅「現実」と「理想」に悩むこと、親近感すら湧く設定。

✅過去の「ディズニー」では描きようもなかったテーマ。

ささやかな自己実現

 

今作は、「ヒーロー」になりたいと願うラルフの、ある意味で身勝手な願いが暴走することで展開される。

「ヒーロー」に認められるには「メダル」が必要。
その「メダル」を手に入れるため「ヒーローズ・デューティ」という別ゲーム世界に行き、そこで非合法的な方法で彼は「メダル」を手に入れる。

そこで、このゲーム内の敵キャラである「サイ・バグ」と共に運悪くゲーム内から飛び出して、「シュガー・ラッシュ」に墜落する。

 

この作品の全ての元凶はラルフなのだ。

正直、この「身勝手さ」にノレないという人には、今作はきついかも知れない。
だけど、これも前述した、「なりたい自分」と「現実」の自分のギャップに悩まされた、結果だと考えれば、、まぁ溜飲も下がるのではないでしょうか?

 

しかし、ここでラルフが出会うヴァネロペは、ある意味でもっと不遇だ。
彼女はバグ持ちで、そのため彼女はゲーム内世界で光を浴びることのない、日陰者だと言える。

だからこそ、周囲のキャラから、イジメを受けてしまっている。
このシーンもリアルで、残酷なイジメシーンだからこそ、ここも相当見ていて辛い場面となっている。

 

ある意味で彼女は「シュガー・ラッシュ」では役目もない存在だ。
ラルフのように「悪役」であることに「悩む」ことも出来ない、「存在しない者」として扱われている。

これはラルフの立場よりもキツイと言えるのだ。

 

 

だからこそ、ラルフは「シュガー・ラッシュ」世界で孤独に過ごす彼女の痛みに寄り添うことになる。

今作はそんな「はぐれ者同士」が、親友となっていく過程を描く作品なのだ。

 

 

そして、今作では最後に、これまで「ヒーロー」になるという「形」として「メダル」に固執していたラルフが、ささやかながら自己実現をする。
つまり、「メダル」が重要なのではない、「誰かのために」という思いが、ラルフをヴァネロペのヒーローにするのだ。

この「ささやかな自己実現」は、『ボルト』や『トイ・ストーリー』のラストとも非常に近いものになっている。

 

そして最後には、割と全てが綺麗に完結するが、そこは「ディズニー」らしいというか、ご愛嬌というか・・・。
(このあたりも賛否別れるとこではあるとは思いますが)
まぁ、ディズニーらしいバランスに帰結しているとは言える。

 

そして、周囲に認められたことで、ラルフも「自分の現実」の姿を、自分自身で肯定する
「悪役」に誇りを持って取り組めるようになるのだ。
でも、これは現実でも、非常に大切なことだとも言える。

 

 

この構図は実は『プリンセスと魔法のキス』で「夢」に固執するな。というメッセージ。
『塔の上のラプンツェル』での、「夢」は「幸せへの道」で、「夢」の先に「夢がある」
そして、今作で「夢」は叶わなくとも、今の自分を「肯定」しよう。

 

 

このように通ずる要素だとも言えるのだ。

 

編集長
ラストでは「悪役」セラピーで、自分に自身を持ったラルフがいるのも印象的

 

 

だからこそ、今作は、大人にも刺さる。
むしろ「勤め人」にこそ刺さる作品だと言えるのだ。

 

そして、この「層」に刺さる作品をディズニーがつくっていること、これこそ、まさに「新生ディズニー」最大の特徴だといえるのだ。

 

 

 

ポイント

✅「理想」の自分になれないけれど、でも「今」の自分を「肯定」することも重要。

✅実は共通する軸が『プリンセスと魔法のキス』からつながっている。

バグは直さない

 

今作の最後にヴァネロペは、本当の自分。
つまり、「シュガー・ラッシュ」世界での「プリンセス」の地位を取り戻すのだが、彼女の「バグ」「ノイズ」は決して直ってはいない。

 

 

これは『アナと雪の女王』でのエルサにも通ずるが、決して「他人との違い」は「直す・治す」べきものではない、つまり「個性」として自己肯定しようというメッセージでもあるのだ。

 

そう考えると、次作の『アナと雪の女王』は、この点をさらにフォーカスしていると言える。
これこそまさに現代の様々な「価値観」をも受け入れていこうという「ディズニー」からのメッセージだとも言えるのだ。

 

 

編集長
まぁゲームバランス的に、バグで急に勝てちゃうとかはさ・・・と言いたくならないでもない笑

 

 

このように作品を「点」で見るのではなく「線」で見る。
だからこそ「ディズニー総チェック」はおもしろい!!

 

 

ポイント

✅次作では「人との違い」にフォーカスしている、これが「新生ディズニー」の大切な価値観だ。

 

 

AKB48が、過去になりつつあるので、
これが「シュガー・ラッシュ」がゲームとして、
若干古くなっている、という演出にもなっているのが良い

今作を振り返って

ざっくり一言解説!!

普通におもしろい優秀作品!!

ただ、続編にはかなり言いたいことがあるので、覚悟しとけよ!!笑

まとめ

 

ということで『シュガー・ラッシュ』は、「ゲーム」というこれまでのディズニーでは、テーマにしなかった要素で攻めている。

そしてその作中で描かれる「理想」と「現実」の間でもがく構図も、また「新時代」に即した内容となっているのだ。

 

 

そして、ささやかな「自己実現」でヴァネロペにとってのヒーローになれたラルフ。
彼は、こうして自分を自分で肯定して、「悪役」という役目に誇りを持てるようになったのだ。

これは、ある種「理想」の自分になれずとも、今の自分を肯定してもいいのだ、というメッセージだといえる。

そして、これもまた「夢は叶う」という単調になりがちだった「ディズニー作品」のこれまでの系譜に終わりを告げる、つまり「新時代」に即したものだと言えるのだ。

 

 

「夢」「理想」は「呪い」にすらなる。
これらが叶わぬから不幸なのか?

 

そうではない。

 

 

ディズニーはこれまで積み上げた「夢叶う」=「成功」という構図を刷新していく。
今作もまた、こうした要素を持っているのだ。

 

 

まとめ

  • これまで、語らなかった題材・テーマで勝負した作品。
  • 「夢叶う」こと、それだけではないというメッセージが「新生ディズニー」らしいと言える!

 

 

映画評 評論

2022/9/25

『NOPE』〜一体何を魅せられたのか?〜【新作映画評論】

  今回は新作映画評論! と言うことで、映画業界で話題沸騰、ジョーダン・ピール監督最新作『NOPE』を評論していきたいと思います。   編集長見た方ならわかると思いますが、めちゃくちゃ深掘りしがいのある作品でした!   この作品のポイント 非常に深掘りしがいのある作品 一見すると、意味の分からない作品だが、いい意味でそれがいい! 目次 『NOPE』について基本データあらすじ何を見ているのか、分からなくなるのが魅力!何を語りたいのか?見られることが引き起こした悲劇「見られない」 ...

ReadMore

PIXAR総チェック 評論

2022/9/11

『カールじいさんの空飛ぶ家』〜ピクサー next level へ〜【PIXER総チェック#10】

  今週は「ピクサー」作品を公開順に鑑賞していく「ピクサー総チェック」を進めていきたいと思います。 ということで、今回はピクサー作品としては10作品目となる『カールじいさんの空飛ぶ家』を評論していきましょう!   この作品のポイント 開始10分で涙腺崩壊! 意外と賛否分かれる中盤からの展開 人生とは「苦さ込み」でもでも前進するもの! 目次 『カールじいさんの空飛ぶ家』について基本データあらすじ技術ありきから、映画ありきの時代へピクサー新時代へ涙腺を刺激する開始10分中盤以降作劇が変化する今作品を振り返って ...

ReadMore

映画評 評論

2022/9/10

『さかなのこ』〜文句なしの、今年ベスト級映画!〜【新作映画評論】

  さて、今回は最新映画を評論していきたいと思います。 ということで、今回は「さかなクン」の人生を題材にした『さかなのこ』こちらを鑑賞してきましたので、その感想を語っていきたいと思います。   この作品のポイント 主演「のん」の意味 「好き」を突き詰める生き方を描く リンク 一応の原作はこちら! 目次 『さかなのこ』について基本データあらすじ全ては「普通じゃなくていい」を描くためキャスティングにも意味がある「普通」でなくてもいい!魚が好きだけど、食べるのも好き今作品を振り返ってざっくり一言解説!まとめ 『 ...

ReadMore

映画評 評論

2022/8/11

『ONE PIECE FILM RED』〜ファン的にはオールOKだけど・・・〜【新作映画評論】

  今回は原作もいよいよ最終章に突入した国民的大人気漫画『ONE PIECE』 こちらの新作劇場版が公開されたので、早速鑑賞して評論していきたいと思います。   ということでシリーズ通算15作品目となる『ONE PIECE FILM RED』こちらを鑑賞してきたので、感想を語っていきたいと思います。   この作品のポイント 映画評論目線と、ファン目線 歌唱はあくまで「方法」であり「目的」ではない 全体としては質の良い作品     リンク 目次 『ONE P ...

ReadMore

PIXAR総チェック 評論

2022/7/31

『ウォーリー』〜二つの実写演出の謎〜【PIXER総チェック#9】

    今回はピクサー映画を公開順に鑑賞し、評論していく「ピクサー総チェック」 今回は9作品目となる『ウォーリー』こちらを鑑賞しましたので、深掘り評論して行きましょう!   この作品のポイント なぜ『ハロー・ドーリー!』なのか? CGの人間と、実写の人間描写の謎 間違いなく傑作! リンク 目次 『ウォーリー』について基本データあらすじ全ての描写に意味のある作品なぜ『ハロー・ドーリー!』なのか?実写の人間と、CGの人間ウォーリーの活躍、立ち上がる人類アニメとは?今作を振り返ってまとめ 『ウォーリー』について ...

ReadMore

-ディズニー総チェック, 評論
-

Copyright© Culture Club , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.