ディズニー総チェック 評論

【映画記事】「コルドロン」−ちょっと! どうしたんですか!?−【ディズニー総チェック】

2021年2月6日

 

さて、「ディズニー総チェック」
今回から「新世代編」突入ということですが、「世間の評判だけで、判断する」
なんてことは、ナンセンスなわけで・・・。

 

編集長
もしかしたら「良作」かも知れないじゃないですか!?笑

 

ということで今日は「コルドロン」のお話をしていきたいと思います!

 

この作品のポイント

  • 構成する要素はRPG風で、非常に「面白そう」ではある。
  • 「面白そう」なのは中盤まで。
    そこから終盤、信じられないほど「面白くなくなる」
  • 映画において「ストーリー」が、極めて重要だということが、わかります。
  • なぜ「男性版シンデレラストーリー」がディズニーで語られにくいのか?
    その謎が解けます!

「コルドロン」について

基本データ

基本データ

  • 公開 1985年
  • 監督 テッド・バーマン/リチャード・リッチ
  • 脚本 デヴィッド・ジョナス/ヴァンス・ゲリー/ジョー・ヘイル
  • 原作 ロイド・アリグザンダー著/「プリデイン物語シリーズ」『タランと角の王』『タランと黒い魔法の釜』
  • 声の出演 グラント・バーズリー/スーザン・シェリダン

今作は、「東京ディズニーランド」のシンボルである「シンデレラ城」でのアトラクション。
「シンデレラ城ミステリーツアー」のモチーフになっている。

あらすじ

魔法と楽しさいっぱいのファンタジーな世界へ大冒険に出よう!

魔法の壷「ブラック・コルドロン」を手に入れた者は、不死身の軍隊を甦らせ世界を支配できるという。

ホーンド・キングはその壷を何としてでも手に入れるべく行方を追うが、その前に立ちはだかったのは、思いもよらない人物…
豚飼いの少年で勇敢な戦士になるのを夢見るターランだった。

彼は、勇敢なエロウィー姫と、吟遊詩人のフルーダー、そして予知能力を持つブタのヘン・ウェンの寄せ集めの一団で、魔王の野望を打ち破るために冒険に旅立つ。

果たしてターランには、この困難に立ち向かう勇気があるのだろうか?

ディズニープラスより引用

「面白い」要素はある

「面白そう」という罠

 

今作品は「ディズニー作品」の中でも「最悪の評価」をされている作品だ。

ネットでの評判みると「全ディズニー作品ワースト」など手厳しい評価をされているが、さて蓋を開ければどうなることやら・・・。

 

まず、この作品について、ボクの結論から述べておくと「面白くない」と言わざるを得ない作品だったと思います。

 

ただし、「面白くない」と作品について述べておきながら、いきなり読者を混乱させるようなことを言って申し訳ないが、作品を構成する要素。
それ自体は、いくらでも「面白くなりそう」なのだ。

 

というのも冒頭の「ブラック・コルドロン」と言われる「世界を破滅させる力」を持ち得るアイテムが出来る経緯や、そしてそれを付け狙う「ホーンド・キング」の存在。
彼の出で立ちは存在感抜群で、角が生えており、顔が骸骨。
ひと目で「悪」といえる存在感だ。

 

この設定や、敵の造形など、「指輪物語」的とも言える。
そして「ファンタジー」作品として、手垢は付きまくっている設定ではあるが、それでも「面白そう」な要素が散りばめられている。

 

「コルドロン」とは?

コルドロン(cauldron)とは、英語で「大釜」を意味する。
今作では「魔力」が封じられていて、その力を使い「ホーンド・キング」は世界征服を目論んでいる。

 

そして今作の主人公「ターラン」
彼は特殊な力を持つブタ、「ヘン・ウェイ」の世話係をしているが、現状に満足できず「勇敢な戦士」になりたいと願っている。
このように「低い身分」であるという設定も、このような「ファンタジー作品」では「面白くなりそうな」要素だと言える。

そんな彼がひょんなことから、敵の住む城で「囚われの姫君」「エロウィー」と出会い、そして同じく囚われていた吟遊詩人の老人「フルーダ」たちと共に城から脱出する。
不思議な動物「ガーギー」や妖精と出会い、「ブラック・コルドロン」を敵より先に見つけ破壊を目指すことになる。

しかも、脱出の際、ターランは「魔法の剣」を手に入れたりもする。

 

面白そうなポイント

✅主人公が低い身分ながら「勇者」を目指したいという意思がある。
✅敵の「ホーンド・キング」のデザインや、彼の狙う「コルドロン」の設定など、非常に「ファンタジー的」要素。
✅敵の城で、囚われの姫「エロウィー」と出会い、脱出。
✅仲間に不思議な動物や、妖精など、個性豊かな旅の仲間
✅魔法の剣など、よくあるアイテムだが、「ファンタジーらしい」要素。

 

などなど今作品は「面白そう」な要素が詰まっているのだ。
しかし、それが今作品の「罠」なのだ。

 

ポイント

✅物語を構成する「要素」は「面白そう」な要素に満ちているのに・・・。

雑な展開で、最悪の失速

 

で、そんな「面白い」要素がいっぱい詰まった今作品。

正直、色々言いたいことがありながら、中盤までは「面白く」感じる部分も多い。
「RPG」「ファンタジー要素」である程度、ある程度ですが、見れる展開が続く。

ただし、とはいえターランに全く向上心がない、この辺りのキャラの弱さは「王様の剣」の「ワート」並にイライラさせられてしまう。

 

編集長
ちなみに今作のダメさ「王様の剣」と通ずる部分もある

 

と、ここまで色々と文句はありますが「さすがディズニー」と言わざるを得ない「美麗」な世界観。
そこで描かれる、脇の甘い「ファンタジー作品」

このように、割り切れば「見れる」作品として中盤までは成立をしている。

 

だが、そこから物語は怒涛の展開をむかえる。

結論を言うと、なにもかもが「ご都合主義」の極みのような展開が続く。

 

色々あって(大した苦労せず)、いよいよ「ブラック・コルドロン」の隠された地にたどり着く一行。
それを守っている「魔女三姉妹」との対峙。
そこで「コルドロン」と引き換えにターランが「魔法の剣」を差し出す展開。

 

ここで「まだ今作品を信頼していた」ボクは、「なるほど!」と騙されてしまった。

というのも「向上心」のないターラン。
彼はいわば「RPG序盤」に最強武器を手に入れた状態になっていて、「剣」の力に甘えて、敵を撃退して、調子に乗っていた。

だからこそ「剣」を手放すことで、彼本来の「資質」「勇気」で最悪の敵に立ち向かう、そうなるんだな!
そうなると信じていた!

 

編集長
ただ、仮にこの予想通り物語が進めば、少なくとも「ディズニー史上最悪」なんて評価されてないだろ!
と今思えば無駄な期待をしていた

 

敵であるホーンド・キングに「コルドロン」を手中に収められ、ターレン一行も捕まってしまう。
このままでは「死者の軍団」で世界を征服されてしまう。
絶体絶命の、世界滅亡の危機が訪れる。

さて、どのように、この危機をくぐり抜けるのか?
見せ場ですよね?
ここでターランがホーンド・キングを一騎打ちで倒すのだろう!
様々な妄想がかきたてられる!

 

編集長
どうしたって「面白くなる」展開です!

 

でも、もう、ここまで評論を読んだ方はわかりますよね!
そんなことは、一切ない!!

なんとも残念な、展開に空いた口が閉まらない。

 

結局、終盤なにが起こったかというと、凄まじいエネルギーを放つ「コルドロン」
その中に、不思議な動物「ガーギー」が飛び込む。
そのことで「死者の軍団」が消滅する。
いわば「仲間の自己犠牲」で勝利する、そんな誰もが感動をする展開になるんですが・・・。

 

この作品、ここまでまともに、ガーギーとターラン達の友情など、深堀りされていない。
そのため、この「自己犠牲」に感動ひとつないのだ。
ここで我々の脳裏に浮かぶ感情は「なんで!?」という疑問符ばかりだ。

そして悪の首領「ホーンド・キング」はガーキーの犠牲で動かなくった「コルドロン」を、「どうしたものか?」と確認に行くと吸い込まれて消滅。
これほど残念な敗北があるだろうか?

しかもターランと、ただの一度も剣も交えず、ほとんど交流せず死亡する。

 

そして最後は、魔女三姉妹によってガーギーが生き返る雑な展開。
そしてターランとエロウィーが、いい感じになって終幕する。

 

ということでこの作品、とにかく、誰がやってもある程度「面白くなりそう」な題材を、ここまで「面白くない」ものに仕上げるという、ある意味で「神業」を見せつけてくる。
そんな仕上がりになっている。

評価が低いのも無理ない作品になってしまっているのだ。

 

ポイント

✅「誰がやっても、面白くなる題材」なのに、ここまで「面白くない」ものが出来るという衝撃!

✅低評価、無理なし。誰の目にも明らかな「失敗作」

「王様の剣」「コルドロン」の失敗がもたらしたもの

 

先日評した「きつねと猟犬」で、これまでディズニーを支えてきた「9人の老賢者」が全員去り、新時代を担う世代が作った今作品。

こうした事情を鑑みれば、クオリティの低い作品になったのも無理ないと言える。
ただ、個人的に今作品の失敗で確信したことがある。

 

それは「男性主人公の王道ストーリー」
つまり「男性版シンデレラストーリー」のような「王を目指す話」「英雄になる話」が、ディズニー作品として作られにくくなってしまったのだ。

言うまでもなく「王様の剣」はワートが「王になる物語」
だが、展開やストーリーが雑な点も多く、褒められた作品ではない。
そして今作の失敗。

 

「コルドロン」は、ディズニー新時代の幕開けとして、
新世代の「白雪姫」として作る!

という半端ない、意気込みで作られた作品だが、
結果は見るも無惨な大失敗となる。

 

個人的にディズニー作品で「プリンセスもの」は多く制作されているが、「プリンスもの」「英雄もの」が語られないのに、子どもの頃から疑問を抱いていた。
だが「総チェック」を通じてその理由が見えてきた。

それは、その路線で作った作品が「王様の剣」「コルドロン」という、ディズニーの歴史をみても「1位・2位」を争う、圧倒的駄作だったからだ。

 

企業のマーケティングという面で見ても、この駄作ばかりの路線をこれ以上続けようとは思わない。

だからこそディズニー作品で「男性版シンデレラストーリー」「英雄譚・王になる」という話は語られにくくなるのだ。
(動物モノ路線では「ライオンキング」など作られる)

 

 

ちなみに先程「コルドロン」は新世代の「白雪姫」として、新時代の幕開け作品として、かなりの意気込みで作られた作品だと述べたが、結果は振るわず。
その後の1980年代のディズニーは「暗黒期」と呼ばれるほど低迷をすることになる。

 

この暗黒期を終わらせ、そして「栄光の時代」「新時代」の幕開けになる作品が「リトル・マーメイド」つまり「プリンセスもの」だというのは、なんとも皮肉なことだ。

そして、この結果、ディズニーは今なお「プリンセスもの」を語り続けるのだ。
それは至極当然だといえる。

 

この「コルドロン」の失敗で、ディズニーは「プリンスストーリー」を描くことを辞めようと決意することになるのだ。

だからこそ、今作は「ディズニー」の今なおブレぬ軸を定めた。
ある意味で、重要な作品だったと、無理やり褒めることが出来る。

 

ポイント

✅「王様の剣」「コルドロン」の失敗は、ディズニーが「プリンセスもの」で勝負する! という意思を固めるに、十分な学びをもたらした。

✅この2作品を見れば、その決断は「正解」だったと言わざるを得ない。

 

今作品を振り返って

ざっくり一言解説!!

なんてもん、作ってんだよ!!

ほんと、ここまで「悪い」とは・・・

まとめ

 

ここまで「面白そう」な要素を持ち、最後の勝利のワンロジックも「仲間の自己犠牲」という、いくらでも「面白くて、泣ける」展開に出来そうな今作。
それをここまで「微妙」「ダメ」な作品に仕上げる手腕は「残念」を通り越して、ある意味で「驚き」だ。

映画において、脚本をしっかり作るということが、いかに重要か?
という点を再度、肝に銘じる事ができたともいえる。

 

ただ、今作の出来栄えを見て、ずっと疑問に思っていた「男性版シンデレラストーリー」的な要素のディズニー作品が少ないのか?
その疑問が解消されたとも言える。

それは「王様の剣」「コルドロン」と、その路線で制作した作品が、ことごとく失敗したからだ。

 

この失敗は「ディズニー」が「核」とするもの、つまり「プリンセスもの」こそ「ディズニー」の真骨頂である。
それを再確認する意味で重要だったのかも知れない。

だからこそ「暗黒期」を抜けた先に「リトル・マーメイド」があるのだ。

そういう「ディズニー」の今後の流れを決定づけた点。
その点で唯一、今作は褒められても良いかも知れない。

 

あまり、他人にススメられない作品である、それは間違いない。

 

まとめ

  • 「面白そう」な要素がことごとく「死ぬ」展開。
  • ディズニーが「プリンスもの」「男性版シンデレラストーリー」を作りたがらない理由として、十分なほどの駄作である。
  • 人に全く「ススメられない」

 

中々に強烈な「暗黒期」の幕開け・・・。
次はどんな作品が目の前に立ちはだかるのか?
乞うご期待!!

ディズニー総チェック 評論

2021/2/24

【映画記事】「アラジン」−前作と共通する要素を考える−【ディズニー総チェック】

  今回も「ディズニー総チェック」進めていきましょう! ということで紹介するのは、今回も名作「アラジン」です。   編集長「黄金期」はホント名作揃い!   今作のポイント 実は「美女と野獣」からテーマを引き継いでいると言える。 ここまで失敗してきた題材に挑戦。 目次 「アラジン」について基本データあらすじ「美女と野獣」との共通点/過去作のリベンジ要素「本当の自分」「偽りの自分」「王様の剣」「コルドロン」のリベンジ要素「囚われの身」である、アラジン、ジャスミン、ジーニー物語開始 ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/2/23

【映画記事】「美女と野獣」の”光と影”を読み解く【ディズニー総チェック】

  さて今日も「ディズニー総チェック」をやっていきます。 今回は、超人気タイトル「美女と野獣」について語りたいと思います!   編集長ココが最大の「総チェック」の山場!   この作品のポイント 「眠れる森の美女」の反省を活かす点。 言わずもがな作品クオリティは「文句なし」 今作が良すぎるあまりに、気づかれなかったテーマ的「危うさ」 露呈しなかった「ミス」の代償は大きかった。 目次 「美女と野獣」について基本データあらすじとにかく「美しい」作劇を心がけた作品「眠れる森の美女」か ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/2/17

【映画記事】「ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!」を徹底解説!【ディズニー総チェック】

  さて今日も「ディズニー総チェック」をやっていきましょう! ということで「ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!」について語っていこうと思います。   この作品のポイント 続編の強みを活かす作劇! なぜ「ビアンカの大冒険」に続編を作ったのか? 目次 「ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!」について基本データあらすじディズニーの「正史(カノン)」初の続編作品!日本では劇場未公開という「不遇」続編の魅力とは?冒険と恋路ただ気になる点もなぜ「ビアンカ」に続編を用意したのか?/「地獄の門」が開 ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/2/14

【映画記事】「リトル・マーメイド」−心の命じることは、誰にも止められない−【ディズニー総チェック】

  さて、今日も「ディズニー総チェック」 今回は、推しも押されもせぬ名作「リトル・マーメイド」を徹底解説します。   編集長今更、僕が「ああだ、こうだ」語る必要もない名作ですね!   この作品のポイント 出し惜しみしない、初回から全力投球の姿勢。 アリエルに感じる親近感の正体とは? 心が命じることは、誰にも止められない・・・。   目次 「リトル・マーメイド」について基本データあらすじ「黄金期」というに相応しい出来栄え出し惜しみなしの作劇「心理的欲求」への変化いつ見 ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/2/14

【映画記事】「オリバー/ニューヨーク子猫ものがたり」−ディズニー反撃開始−【ディズニー総チェック】

  ということで、今日も「ディズニー総チェック」 今回取り上げるのは、「オリバー/ニューヨーク子猫ものがたり」です。   この作品のポイント 「暗黒期」から「黄金期」への橋渡し的な作品。 「ディズニー」に再び「自分たちの”強み”」を思い出させる作品。 目次 「オリバー/ニューヨーク子猫ものがたり」について基本データあらすじディズニーの強みとは?「低迷期」「暗黒期」の終わりを予見させる作品自分の「強み」とは?自分の居場所とは?オリバーの求めるものともすれば、「嫌な」終わり方になりかねない ...

ReadMore

-ディズニー総チェック, 評論
-

Copyright© Culture Club , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.