書評 評論

【まとめ記事】ースタエフ紹介本、まとめー

2021年3月1日

 

この記事は「スタンドFM」で、僕が評論した「書籍」を「まとめた記事」です。

興味があれば、ぜひ読んでいただければと思います。

 

編集長
「配信」と併せて、読んでいただけると「楽しさ」倍増のハズです!

「紹介書籍」一覧

【PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話】

ココがポイント

従来の「PIXAR」書籍は、「クリエティブ面」からの読み解きが多かったが、
この書籍は「お金」という面から「PIXAR」を紐解いている。

ローレンス・レビーは如何にして、「無理難題」を乗り越えたのか?
「不可能」に挑戦した「PIXAR」の足跡を知ると、鳥肌間違いなし!!

ネットフリックス vs. ディズニー ストリーミングで変わるメディア勢力図

ココがポイント

「ストリーミング戦争」の主役である「ネットフリックス」と「ディズニー」の「戦術比較」「目指す姿」など、対比が非常に興味深い!!

最終的には「ストリーミング戦争」から、「従来メディア」の生存の道筋が語られるなど、
「メディアのあり方」が問われるなど、懐の深い書籍である。

さあ、才能(自分)に目覚めよう

ココがポイント

自分の強みを知らなければ、「強み」が活かせる場所を見つけられない。
そのための「ストレングス・ファインダー」を受けよう!

ただし中古で買うと、「コードを使用済み」の場合があるので、新品を買いましょう!!

ベートーヴェン捏造 ー名プロデューサーは嘘をつくー

ココがポイント

我々の知る「ベートーヴェン像」は実は「嘘」によって作られたものだ!
そんな衝撃の謎を解き明かす書籍。

なぜ「シンドラー」は「ベートーヴェン」にまつわる資料を「捏造」したのか?
その謎に迫る、非常に面白い作品です。

令和の巨人軍

ココがポイント

ON時代、V9時代、松井秀喜時代、そんなノスタルジーに浸るよりも、「今の巨人が面白い!」
そのことが学べる書籍。

これを読むと、「今の巨人」に注目すること間違いなし。

拝啓元トモ様

ココがポイント

「スタンド・バイ・ミー」は「元トモ映画」ということで、本書をご紹介。

僕らの記憶にも確実にいる「元トモ」の事を思い出せる、名著だと思います!

PIXAR総チェック 映画評 評論

2022/5/23

【PIXER総チェック #7 】『カーズ』〜人生で大切なもの〜

  さて今回も「ピクサー作品」を公開順に鑑賞して評論をしていく【ピクサー総チェック】 「ピクサー」としては通算7作品目となる『カーズ』こちらを鑑賞しましたので、深掘りしていきたいな、と思います。   この作品のポイント 実に渋い、玄人好みの映画 いよいよディズニーが、「ピクサー」と合流を決める歴史的瞬間 目次 『カーズ』について基本データあらすじ実に渋い映画なんです!破綻か、それとも合流か? 運命の分かれ道久々のジョン・ラセター監督作非常に渋い作劇と、かわいいキャラクターの両立尊いものとは?ハドソンと言う ...

ReadMore

PIXAR総チェック 評論

2022/5/8

【PIXER総チェック #6】『Mr.インクレディブル』を評論!

  今回は久々に「ピクサー映画」を公開順に鑑賞していく「PIXER総チェック」企画を進めましょう! ということで今回は、「ピクサーアニメーション」として6作品目の『Mr.インクレディブル』を評論していきたと思います。   ここがポイント ヒーローを誰が見張るのか?実は深い「ヒーロー論」に追及する作品 本当にヴィランに対しての扱いは、あれで良いのか!? 目次 『Mr.インクレディブル』について基本データあらすじ実は作家性が強い作品「ピクサー」のこれまでを、振り返りブラッド・バード監督作品であるということ才能 ...

ReadMore

映画評 評論

2022/2/13

【2022年新作映画】『大怪獣のあとしまつ』をあとしまつする!

今回は、公開初日から各社の映画レビューが荒れに荒れまくっており、SNSでも大炎上。 大荒れに荒れている新作映画『大怪獣のあとしまつ』 こちらを鑑賞してきましたので、作品の感想等を短く簡単に語りたいと思います。   編集長スタンドFMでも好評配信中!!     目次 あらすじ「あとしまつ」が大変な映画であるいいところ!ダメなポイント!結論:最悪! あらすじ ドラマ「時効警察」シリーズの三木聡(みきさとし)監督が「Hey! Say! JUMP」の山田涼介を主演に迎え、巨大怪獣の死体処理を題材に描いた空想特撮エ ...

ReadMore

映画評 評論

2022/1/31

【2022年新作映画】『クレッシェンド 音楽の架け橋』を軽く紹介!

  今回は軽めの映画感想記事を上げたいと思います。 ということで、『クレッシェンド 音楽の架け橋』について語っていきましょう!       作品のポイント 甘くない現実を描き出す。 それでも微かな希望のあるラストが素晴らしい。     あらすじ   長く紛争の続くイスラエルとパレスチナから集った若者たちがオーケストラを結成し、コンサートに向けて対立を乗り越えていく姿を、実在する楽団をモデルに描いたヒューマンドラマ。 世界的に名の知られる指揮者のエドゥアルト・スポルクは、紛争中のイスラエルとパレスチナから若 ...

ReadMore

映画評 評論

2022/1/28

【2022年新作映画】『CODA あいのうた』を徹底解説!

  今回は劇場で鑑賞した新作作品を深掘り解説していきたいと思います。 ということで「アカデミー賞」の前哨戦ともいわれる「サンダンス映画祭」で、史上最多4冠に輝き、世界を沸かせた「必見の一本」『CODA コーダ あいのうた』を紹介します。   今作のポイント 題材に対して、真摯に向き合う作品。 あえて描かれる、「家族」との向き合い方。 目次 『CODA コーダ あいのうた』について基本データあらすじ真摯な姿勢での映画化手話の説得力ヤングケアラー問題「手話」と「声」「海」と「湖」今作品を振 ...

ReadMore

-書評, 評論
-

Copyright© Culture Club , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.