ディズニー総チェック 評論

【映画記事】「ラテン・アメリカの旅」−アニメじゃない、本当のことさ−【ディズニー総チェック】

2020年10月3日

 

さて、今日も「ディズニー総チェック」始めていきたいと思います。

ということで「ラテン・アメリカの旅」についてですね!

 

編集長
ちなみに初見の作品です!!

 

 

この記事のポイント

  • ドナルド、グーフィーにできて、ミッキーにはできないこと。
  • 我々が、自慢されたいラテン・アメリカ映画。
  • 政治的意図・ウォルトの意図とは?

「ラテン・アメリカの旅」について

YouTubeにも動画がないので、ご勘弁を・・・。
見たい方は「ディズニープラス」で鑑賞できます!!

基本データ

基本データ

  • 公開 1943年
  • 監督 ノーム・ファーガソン
  • 脚本 ラルフ・ライト/ハリー・リーブス
  • 製  ウォルト・ディズニー
  • 出演者 ジョゼ・オリヴェイラ/フレッド・シールズ/フランク・グラハム

作品紹介

実写とアニメーションを融合した「ラテン・アメリカの旅」は、陽気なサンバのビートに彩られたアート、冒険、音楽が織り成す、色鮮やかな万華鏡のような映画だ。

空高くそびえるアンデス山脈やアルゼンチンのパンパス、そしてリオデジャネイロの名所や音楽までを巡る旅のお供は、愉快な人気者ドナルドダックグーフィー

ドナルドは負けん気の強いラマと出くわし、ガウチョのグーフィーは南米スタイルのカウボーイ生活に挑戦する。

ディズニープラスより引用

あまり語る人の少ない作品

実写パートでの気づきが、アニメパートにつながる

 

今作品は特殊な構成で出来ている。

 

冒頭映し出されるのは「ウォルト・ディズニー」や「ディズニー」のアニメーターたちが飛行機で「ラテン・アメリカ」に向かう場面だ。

そして彼らの旅で得た「気づき」「知識」「アイデア」を元にして「短編アニメ」が作られ、それが展開される。
それが終われば、また彼らの旅の様子を映す。

つまり「実写パート」「アニメパート」が繰り返し4度展開されるという構成になっているのだ。

 

ちなみに各短編アニメには以下のようなタイトルが付けられている。

  • ドナルドのアンデス旅行
  • 小さな郵便飛行機ペドロ
  • グーフィーのガウチョ
  • ブラジルの水彩画(Aquarela do Brasil)

どれも物語に連続性はなく「オムニバス形式」となっているのだが、一つだけ共通していることがある。

それは「我々が自慢”されたい”ラテン・アメリカ」が描かれているということだ。

 

 

ポイント

✅実写パートとアニメパートが繰り返し描かれる作品。

✅「実写パート」は世界紀行作品のように描かれる。

「我々が自慢”されたい”ラテン・アメリカ」とは?

 

この映画のアニメパートで描かれるのは「我々が”自慢されたい”ラテン・アメリカ」の魅力だ。

実写パートの目的が、そもそも「ラテン・アメリカ」の魅力を知るためなので、当たり前だが・・・。

 

この我々が「自慢されたい」というのは、例えば「ブラジル」だったらサンバだったり、カーニバルだったり。
「チチカカ湖」の周辺の「インカ帝国」の名残ある風俗に触れることだったり。
「ガウチョ」と呼ばれる文化だったり。

 

言ってしまえば、我々がよく知る。
もっと、突っ込んだ言い方をすると「理想的」なイメージの具現化だと言い換えることができる。

 

日本に置き換えると

侍、武士、忍者について、外国人は自慢されたい。
という感覚に近いのではないかな?

 

 

これは後述するが、この作品が制作された裏側には「政治的意図」「ディズニーの抱えていた問題」というある種の「ウラ」がある。
当たり前だが、この「ウラ」の事情は全く映画には反映されていない。

 

編集長
そのことを知ると、ちょっと複雑な気持ちになるんだなぁ

 

この作品は「理想的なラテン・アメリカ像」を描いており、それを見ている分には、「紀行」作品的な楽しみもできる。
そして「ウラ」の事情を知れば、当時の「ディズニー」の状況が透けて見えてきて興味深い点も多い作品なのだ。

 

 

 

ポイント

✅我々が「理想的」だと思う「ラテン・アメリカ」の様子がいきいき描かれた作品。

 

ドナルド、グーフィーの魅力

 

  • ドナルドのアンデス旅行
  • 小さな郵便飛行機ペドロ
  • グーフィーのガウチョ
  • ブラジルの水彩画(Aquarela do Brasil)

先ほども前述したが、この作品は上記の4作品のオムニバスでできている。

2本目の「小さな郵便飛行機ペドロ」だけは、飛行機を擬人化した「ペドロ」たち一家の物語だ。
他の作品は「ドナルド」「グーフィー」が主役となっている。

 

小さな郵便飛行機ペドロ

先に例外となる「ペドロ」について語っておくと、この作品は「機関車トーマス」
「ピクサー」作品「カーズ」のように、乗り物が擬人化された世界観での物語だ。

これは「カーズ」のスピンオフ「プレーンズ」の元ネタと言ってもいいんじゃないだろうか?

 

 

この作品ではいかに「アンデス山脈」を超えるのかが難しいのか?
というのが描かれている。

ただ既存のディズニーキャラを使わずに、短編で見事に「飛行機の擬人化」というのを描き切れている。
そして「美しい」だけでなく、自然環境の「厳しさ」という面も描けているので、見応えある短編になっている。

その他、3作品

そのほかの3つの短編は、ドナルド、グーフィーというディズニーでも人気のキャラを投入している。

これは個人的意見だが、この2人は「割とぞんざいに扱っても」いい。
それが魅力だ。
そして、それが見事に功を奏している。

 

前回「ファンタジア」の記事からの引用になるが、当時のウォルトはこのように考えていた。

 

 

先ほど紹介した参考文献によると、ウォルトはミッキーを生み出してから、彼の使い方に苦心していた節がある。

というのも、当時は、よりコミカルな役目などを担ったり、キャラクターとしての人気は、ドナルドやグーフィーとした他のキャラクターにとって変わられていたのだ。

ミッキーの将来についてウォルトは悩んでいた。
「どうにかミッキーに活躍の場を与えたい」と。

それはミッキーがウォルトの分身だったからこそだ。

「ファンタジア」評論記事より

 

僕もミッキーの人気がドナルド、グーフィーにとって変わられていくのが、この作品を見てよくわかった。

個人的には「ミッキー」ってやっぱり「真面目」よりのキャラだし、どんどん権威的存在になっていくんですよね。
すごく「ブランド」として高価な存在感になっていくとでも言えばいいのか・・・。


編集長
例えるなら、ギャグ漫画でも、シリアスなキャラっていると思うんだけど、そのポジション。

 

 

かたやこの2人は「なんでもさせられる」んですよね。

要は「アニメキャラ」として演技の幅が、やはり「ドナルド」「グーフィー」の方が広いし、NGがない。
それがミッキーとの絶対的な違いになっているのではないだろうか?

 

 

「チチカカ湖」でラマにキレるドナルド。
さらに「ブラジル」で「ホセ・キャリオカ」というオウムと出会い、最後には酔っ払いサンバに興じたり。
最後には「クラブ」にまで行っちゃってましたねぇ。

 

グーフィーは「ガウチョ」の文化を知るために、その1日を「体験」するのだが、馬にナメられたり散々。
そしてちょっとノロマ感が可愛かったり。

 

そんな2人の魅力が3つの短編ではしっかり描かれているのだ。

 

 

編集長
当然、ミッキーにはミッキーの良さもあります!!

本論とは全く関係ないが、もしも「ディズニーキャラ」を「アイドルグループ」に見立てた場合。

やはりセンターはミッキーだ。
ディズニーランドなどで彼が出てくると、やはり他のキャラにはない華がある。
「ディズニー」というグループの顔でありセンターだ。
そして「カリスマ性」すら持ち合わせている。

 

かたやドナルド、グーフィーはその脇を固める存在で、しかも「体はれちゃう系」アイドルなのだ。
「NG」なく体当たりで様々な企画に挑戦する系。
これはこれで、やはり素晴らしい存在だ。

編集長
だから「グループ」としては非常にバランスがいいんですよね!

 

 

ポイント

✅ミッキーとは違う魅力を持つ「ドナルド」「グーフィー」の活躍が描かれる。

✅「体はれちゃう系」の2人ならではの作品!

「ウラ」の事情もある作品

政治的意図/社内内紛

 

この作品の制作の裏には、「ラテン・アメリカ」でも人気のあった「ディズニー作品」を通じで「アメリカ文化」を広めてほしい。という「米国国務省」からの依頼があった。

表向きは「文化交流」であり「親善政策」だ。
しかしウラには別の意図があった。

 

当時の「ラテン・アメリカ」つまり「南米」には「イタリア」「ドイツ」からの移民が多く、アメリカはこの地域で「ファシズム思想」が台頭することを恐れたのだ。
だからこそ「アメリカ文化」を広めて、「ファシズム思想」の蔓延を防ごうと考えたのだ。

編集長
つまりハッキリとした「政治的意図」があったのだ

 

 

そしてウォルトがそれを承諾したのも理由がある。
それは「ディズニー社内」の内紛だ。

1941年アニメーターやスタッフが大規模なストライキを起こしたのだ。

理由は様々だが、「白雪姫」の製作などで、スタッフに長期間の時間外労働などをさせたにも関わらず、低い賃金でこき使っていた。
当然割増賃金も支払っていなかったのだ。

このことが最も大きな火種となり、長期間のストライキとなり、「ディズニー」は混乱に陥ったのだ。

 

ちなみになぜ賃金を払えなかったのか?
それは「ピノキオ」「ファンタジア」「バンビ」の製作費が上がり、どんどん財政を圧迫していたからだ。

 

そんな状況から一度目を背けたい。
そう思ったウォルトは「南米の視察旅行」そして「文化交流」を行うことを決意したのだ。

 

編集長
こうした事情を考えると「実写パート」でのウォルトたちは、いったん現実を忘れて楽しんでいるようにも見える

 

結果ウォルトの狙いは功を奏して、約5ヶ月続いたストライキは、彼らが帰国する頃には収まっていた。
そしてアメリカの狙いである「アメリカ文化を広める」という名目は、この作品のヒットで、これも狙い通りになったのだ。

 

 

ポイント

✅「アメリカ」の「政治的意図」、「ウォルト」たち「ディズニー」が抱えていた事情があった、だからこそ生まれた作品。

今作を振り返って

ざっくり一言解説!!

「ラテン・アメリカ」良いとこ、一度はおいで!!

興味深い作品であることは間違いなし!!

まとめ

 

なかなか語るのが難しい作品だった。

正直、内容云々というよりも、キャラクターの話に終始してしまったのは反省かも・・・。

 

ただ、作品の「アニメパート」を通じて「我々が自慢されたい」つまり「理想的」と思える「ラテン・アメリカ」が描かれているし、登場する国々に興味を持てる作劇になっているのは流石ディズニーと言ったところか。

 

そしてこの作品の制作のウラには様々な事情があったこと、そのことも忘れてはいけない。

そういう意味ではこの作品は、「政治的な意図」で作られたとも言える。

そして「ディズニーの内紛」には、最近「ディズニー」が行った「大量解雇」という点がどうしても重なって見えてしまう。

 

「夢を与えるディズニー」
だが彼らも、また「資本主義」という、非常に現実的な、あまりにも「リアル」な環境を生きている「一企業」なのだと改めて実感させられた。

 

まさに「アニメじゃない、本当のこと」
その面も透けて見える作品だった。

 

 

まとめ

  • ミッキーとは別の魅力を持つドナルド、グーフィー。
  • 様々な意図があり生まれた作品。

ということで、次回は「三人の騎士」
今作の続編ということで、一体どんな作品なのか!?
次回もお楽しみに!!

映画評 評論

2020/10/20

【映画記事】「鬼滅の刃−無限列車編−」−”にわか”が語り尽くす−【初見でも大丈夫!!】

  さて、今日は超人気のタイトルを見てきました!ということで「鬼滅の刃−無限列車編−」について語っていきたいと思います。 ちなみにボクは「鬼滅の刃」ジャンプ・単行本・アニメ、どれも全く見てません!! ということで、今作品をボクは、完全に「知らない人」という立場で見に行って語っています!!   さて、一体何も知らずに見た「鬼滅の刃」はどんな作品だったんでしょうか・・・?     この記事について 漫画を1ページたりとも、アニメを1分たりとも見てない。でも「鬼滅の刃」に興味のある方にこそ読んでもらいたい。 も ...

ReadMore

映画評 評論

2020/10/20

【映画記事】「2020年 京都国際映画祭」鑑賞作品について【まとめ記事】

  2020年10月15日から10月18日まで行われる「京都国際映画祭」 今年はオンライン開催となりますが、その作品を鑑賞し、短評としてこちらの記事で【まとめ】たいと思います。 観賞後に順次、短評を上げていきますので、よろしくお願いします。 鑑賞作品一覧 「ぼくらのミライ映画館」 「DINO!」 「やんばるキョ!キョ!キョ!」 目次 「ぼくらのミライ映画館」「DINO!」「やんばるキョ!キョ!キョ!」 「ぼくらのミライ映画館」 ◆京都国際子ども映画祭 上映作品◆『#ぼくらのミライ映画館』10/1 ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2020/10/15

【映画記事】「メイク・マイン・ミュージック」−現代では”幻の作品”−【ディズニー総チェック】

  今日は、現状日本では見ることが難しい、ディズニー作品について語ります。 「総チェック」と言ってますからね。やっぱり見れないものも「見る」その姿勢が大切ですよね!! ということで、「メイク・マイン・ミュージック」について語っていきたいと思います。   編集長ネットの世界を、ね・・!?・。探せば・・・ね笑     この記事のまとめ 「ディズニープラス」ですら配信されていない作品。 「ファンタジア」と比較すると、興味深い・・・かも。 ”幻となった「谷間の争い」”もチェック!! 目次 「メイク・マイン・ミュー ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2020/10/14

【映画記事】「三人の騎士」−現実とアニメの垣根を越えて−【ディズニー総チェック】

  さて「ディズニー総チェック」を今日もやっていきましょう! ということで、今回の作品は「三人の騎士」 前回取り上げた「ラテン・アメリカの旅」の続編ということですので、その辺りも踏まえて語っていきます。     この作品のポイント 実写とアニメの融合の可能性を追求した作品、意欲作であることは間違いない。 ただし、「その国のいいところ」の本質が、それでいいのか!?と思わされる。 目次 「三人の騎士」について基本データあらすじ物語の根幹は「南米いいとこ、いつでもおいで!」前作と共有される主題いいところって「女 ...

ReadMore

映画評 評論

2020/10/12

【映画記事】「星の子」−優しさと、厳しさ−【原作と比較】

  今日は、原作小説も読破して、公開を待ち望んでいた作品を観てきました。 と、いうことで「星の子」を見て参りましたので、その感想を語っていきたいと思います。     この作品のポイント 実写だからこそ「不気味」さが増す。 「エドワード・ファーロング」はやはり重要。 この距離感は「優しさ」でもあり「厳しさ」でもある。 目次 「星の子」について基本データあらすじ他人が理解できないことを「信じる」家族の物語二つの感情の間を揺れ動かされる映像化されたことで、強まる「不気味さ」「信じる ...

ReadMore

-ディズニー総チェック, 評論
-

Copyright© Culture Club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.