ディズニー総チェック 評論

【映画記事】「ピーター・パン」−総チェックしているからこそ見えてきたもの−【ディズニー総チェック】

2021年1月11日

 

今日は「ディズニー総チェック」

ということで「ピーター・パン」について語っていきます!!

 

編集長
「総チェック」という流れで鑑賞したからこその、新発見がありました!!

 

 

 

今作品のポイント

  • 描かれるテーマは、実は「ふしぎの国のアリス」から通ずる。

 

 

「ピーター・パン」について

基本データ

基本データ

 

  • 公開 1953年
  • 監督 ウィルフレッド・ジャクソン/ハミルトン・ラスク/クライド・ジェロニミ
  • 脚本 テッド・シアーズ/アードマン・ペナー/ビル・ピート/ウィンストン・ヒブラー ほか
  • 声の出演 ボビー・ドリスコール ほか

 

あらすじ

ウェンディと2人の弟のもとに、大好きな物語の主人公ピーター・パンが現れた。

ピーター・パンとヤキモチやきのティンカー・ベルのあとを追って「右から2番目の星に向かって朝まで飛ぶ」と、そこはネバーランドだった。

子供たちはロストボーイズたちと一緒に、島やピーター・パンの隠れ家を探検したり、悪名高いフック船長率いる荒くれ者の海賊たちと戦いを繰り広げたりして、夢のような冒険をする。

ディズニープラスより引用

描かれているテーマ

「何を」切り口とするのか?

 

「ピータ・パン」という作品は思い出の作品だ。

子供の頃、家にVHSがあり。
何度も見た記憶があるし、「ディズニーといえば!」と問われれば、まず脳裏に浮かぶと言っても良いほど印象に残っている作品だと言える。

 

ただしここまで何度も、それもVHSが擦り切れるほど鑑賞したこの作品を、どういう切り口から評すればいいのか・・・。
それが全くわからなかったのも事実だ。

例えば「インディアン」という点から、現代では「受け入れられない価値観」を描いているというところを指摘するのか?
そこで描かれるウェンディに対する、「男尊女卑」的な点を指摘すれば良いのか?
原作にあった「残酷」な部分を「ディズニファイ」している。その点から切り込めば良いのか?

 

でもそんな観点からはいくらでも「語り尽くされている」ということを考えて、見るまで「評しづらい」とはっきり思っていた今作品。

だが、この「総チェック」という「制作・公開順」という流れで見てきた際、この作品にはっきりと語らねばならない要素があることに気付かされた。

 

これは意図的であると考えるが今作品。
実は前作に当たる「ふしぎの国のアリス」と実は同じテーマを語っているのだ。

 

ポイント

✅描かれるのは「ふしぎの国のアリス」と共通するテーマ。

理想としてきたものが、目の前に現れたとして・・・。

 

今作の主人公である「ウェンディ」(彼女を今作の主人公であると考えるのは、議論の余地があるが・・・)
彼女はおとぎ話である「ピータ・パン」の存在を信じており、彼と会いたいと願う少女だ。

だが物語の冒頭で父ダーリング氏から「いつまでも夢想やめろ」ということで、子どもを卒業する。
つまり弟たちと同じ部屋での生活をやめ「大人」として生きることを強制される。

 

そこに憧れの存在ピータ・パンが現れ、彼の誘いで「ネバー・ランド」行きを決意することになる。

 

この作品でウェンディはずっと「ピーター・パン」の存在を信じていた。
そして「大人になりたくない」と考えていた。

 

そんな彼女がピーターと出会い、そして「永遠の子供時代」を謳歌できる「ネバー・ランド」に赴くことになる。
これはいわば、彼女が理想の存在・場所に赴くということだ。

 

これは前作の「ふしぎの国のアリス」でのアリスのいう「でたらめな世界」こそ素晴らしい。
そして実際に彼女はそのデタラメの世界でひどい目に会い、そうした世界に「理想」を求めなくなるというのと、実は同じだと言える。

 

事実今作でもウェンディはネバー・ランドに行き、そして最終的には自ら「大人」になることを選ぶ。
実際に彼女が目にした「永遠の子ども時代を謳歌する場所」はある意味で「無秩序」で「残酷」な世界だった。

ウェンディは、嫉妬に駆られたティンカー・ベルの命令を受けたロスト・ボーイズに撃墜され危うく命を落としかける。
弟のジョン、マイケルは今なら大問題になる描写満載の「インディアン狩り」と称してロスト・ボーイズとインディアンを探して冒険に出る。


編集長
ちなみにこの時に歌われる「リーダーにつづけ」が個人的には大好き!!

 

 

その後もピーターとフックの髑髏岩でのやり取り。
ピーターにとっては遊び感覚なのだろうが、明らかな命のやり取り。
それを「楽しんでいる」ことにウェンディは明らかな拒否感を覚える。

まさに「おとぎ話」であるならば許容できた、ある種のコミカルさ込みのやり取りだとしたとて、現実にその光景を目にした際、その異常性についていけなくなるのだ。

 

さらに当時の現実、つまりロンドンでも(ピーター・パン2の出来事が第二次大戦中、1940年だとして、逆算すると1930年位だと推測)、今以上に「男尊女卑」が社会として当たり前だった時代。
それ以上にインディアンの集落での女性軽視に憤慨してみせたり、実はウェンディにとっては「子ども時代の象徴」である「ネバー・ランド」は明らかに異質な世界にしか見えないのだ。

これは前作でのアリスが「ふしぎの国」を訪れて体験したことと見事に重なる。

実際に「理想」だと信じてきた世界に放り込まれた時、それに喜ぶのではなく、それに「拒否感」を示す。
それを2作品連続で描いていること、そこは非常に興味深い点でもある。

 

ポイント

✅「ふしぎの国のアリス」と連続して見ることで、実はテーマが同じだということが浮かび上がる。

いつか「夢」から、卒業しなければならない。それを描く「ディズニー」

 

先程から「理想的世界」に実際にいくと、それは「理想」でもなんでもない、そのことを「理想」と信じていた事に、ある意味で愕然とする。
そうしたテーマが「アリス」から引き続き描かれていると述べてきた。

興味深いのは、それを「夢」の象徴である「ディズニー」が描いているということだ。

 

意地悪な言い方になるが、いつまでも「夢」を見てはいけない。「大人」になりなさい。
ということが描かれているとも言える今作。

これは今の「ディズニー」が我々に与えているイメージとは真逆だ。
個人的には現代の「ディズニー」は「永遠に夢」を見続けさせる存在だ。

この作品の公開から2年後世界最初の「ディズニーランド」がアナハイムでオープンされる。
その後、現実に出来た「夢の国」は世界に広がっていった。

 

ある意味でこの「夢」という点の解釈が、段々と歴史を重ねていく毎に拡大解釈されていったのではないだろうか?

 

個人的には、元々の解釈としてディズニーは「夢」つまり「子どもの見る夢想」とは、いつしか距離を置かねばならない。
だが、それを時折思い出す、童心に帰ることにこそ意味があると考えていたのではないか。

 

つまりそれは「ピータ・パン」の最後に雲影の形をした「海賊船」をロンドンの空に見たダーリング氏に象徴されている。

彼もまた子どもの頃、「ピーター・パン」を信じていた、その時「夢見た」ことを思い出したのだ。
そしてその事を懐かしむ、その事にこそ「意味がある」のだ。

 

編集長
ちなみにこの「ピーター・パン」のオチ、これも「アリス」と同じく夢オチと取れなくもない。

 

ある意味で「ディズニーランド」とは、そこに足を踏み入れた瞬間、誰もが「子どもの夢想」を思い出す、そんな場なのだ。
いつまでも「夢見る」のではない、そこに来て「夢を思い出す」
ウォルト・ディズニーはそう考えていたのではないか?

そう考えると、彼が今の「ディズニー」を見て「どう感じるのか」そこにはものすごく興味が湧く。

 

ポイント

✅「夢」みることからの、卒業こそ大切。

✅でも、その「夢」を思い返すことも必要だと描いている。

 

今作を振り返って

ざっくり一言解説!!

「夢」からは卒業しなければならない。でも「忘れる必要」はない。
「思い出す」ことに意味がある!!

「アリス」と続けてみることで、描きたかった「テーマ」が見えてきた!!

まとめ

 

今作は非常にアニメのクオリティーも高い。

さすが「ナイン・オールドメン」最後の勢揃い作品というだけあって、どこをとっても、今のアニメに目の肥えた観客にも十分魅せられる作品だと言える。

 

フック船長、スミーのおバカコンビ、そしてチクタクワニのコミカルさは今作でも屈指の楽しいシーンだ。
原作では、フックは食い殺されていることを考えると、少し考えさせられるが・・・。

また嫉妬に狂うティンカー・ベルも可愛いんだけど、それでも危うい部分が目立つ存在だ。
ある意味で、これもウェンディにとって、恐ろしい「女の実体」を最初に体験することになるので、そういう意味でも彼女を大人にする存在だと言える。

 

ただ今作は「総チェック」という流れで見ているからこそ気づけた、「アリス」との共通点という非常に興味深い点から見れたのが新鮮だった。

 

子どもの「理想郷」はある意味で「ディストピア」的でもある。
その事に気づいて、自らその考えから卒業をして、そして「大人になる」というのを2作品連続で描いているのは非常に興味深い。

でも子ども期を「忘れる」のではなく、時折「思い出す」
そのことこそが、実は最も大切である、そういう意味で、ウォルトが「ディズニーランド」建設に込めた願いも、また透けて見えるのだ。

 

いつまでも「夢見る」のではない、いつまでも「夢見た頃」を忘れない。

そんな思いの詰まった作品だったのではないだろうか。

 

まとめ

  • 「夢」を見続けるのではない、「夢」見た頃を忘れない(思い出す)ことこそ大切なのだ。

というわけで、今回も読了ありがとうございました!
また次回の「総チェック」も読んでください!!

映画評 評論

2021/7/22

【映画記事】『竜とそばかすの姫』ーネットと現実ー

  今回は久しぶりに「新作映画」の評論です! ということで今日は、細田守さんの新作映画『竜とそばかすの姫」を見てきましたので、早速深堀り解説していきたいと思います!     今作のポイント 細田守の総決算!! 作り手は、ネット・SNSが悪いものではない、それ以上に「人間を良くする」と信じている! 今の「現実」と「ネット」の複雑な関わりが、物語を複雑にしている。 目次 『竜とそばかすの姫』について基本データあらすじインターネットの可能性を信じる男、細田守細田守の足跡ネガティブではなく、ポジティブに「インター ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/7/10

【映画記事】『ズートピア』ーディズニー史上、最もパーフェクトな作品ー【ディズニー総チェック】

  さて、今回も「長編ディズニーアニメーション」を公開順に鑑賞し、批評する「ディズニー総チェック」をやっていきたいと思います! ということで今日は通算55作品目の『ズートピア』を取り上げます。   とにかく「パーフェクト」「非の打ち所がない」作品なので、語るのが大変ですが、今日も頑張って深堀りしていきたいと思います。   今作のポイント 過去のディズニー作品の「負」を精算する作品。 ストーリー、物語構成、テーマ、全てが素晴らしい! 「新生ディズニー」の到達点! 目次 『ズート ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/6/28

【映画記事】『ベイマックス』ーDIY精神こそ「マーベル」【ディズニー総チェック】

  今日も「ディズニー長編アニメーション」を公開順に鑑賞・評論をしていく「ディズニー総チェック」 ということで、今回は通算54作品目『ベイマックス』について深堀り解説していきたいと思います。   今作のポイント 原作が「マーベル・コミック」であるということ。 「ヒーロー映画」と見るか、「ハートフル映画」と見るのか? DIY精神こそ「マーベル」である。 目次 『ベイマックス』について基本データあらすじ特筆すべきは原作が「マーベル作品」であるということ「ディズニー帝国」の歩み原作は「マーベ ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/6/22

【映画記事】『アナと雪の女王』ー史上最高傑作誕生ー【ディズニー総チェック】

    さて今日は「長編ディズニーアニメーション」を公開順に評論していく「ディズニー総チェック」 今回は通算53作品目、そして、現状「ディズニー史上最高傑作」の一本と誉れ高い『アナと雪の女王』を徹底的に深堀りしていきたいと思います。   思えば、人生で最初に「映画評論」的なことをした作品も、『アナと雪の女王』で。今にして思えば、この作品を語ったところから、「映画を見る」だけでなく、そのあと「評する」楽しさを教えてくれたのが、この作品なんですよね!   ということで、 ...

ReadMore

映画評 評論

2021/6/15

【映画記事】『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』ーできるだけ、わかりやすく深堀りー

  さて、今日は久々に新作映画の深堀り解説をしていきたいと思います。 ということで紹介するのは『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』です!   この作品のポイント シャア・アムロの思想を受け継ぐのが、ハサウェイ。 しかし、理想と現実に隔たりがある。 それでも「テロ」を起こして世界を変革しようとする男の物語。 目次 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』について基本データあらすじシャアとアムロを継ぐ男簡単に今作までを振り返る大きすぎる思想と、現実のギャップ今作を振り返ってまとめ 『機動戦士ガンダム 閃光のハ ...

ReadMore

-ディズニー総チェック, 評論
-

Copyright© Culture Club , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.