映画評 評論

【映画記事】「パーム・スプリングス」ー永遠は煉獄ー

2021年4月19日

 

 

今日は新作映画のご紹介。

ということで「パーム・スプリングス」という作品を鑑賞してきたので、今回はこの作品を深堀りしていきたいと思います!!

 

 

この作品のポイント

  • ラブコメディーだが、唐突なホラーっぽさなど、いい意味での「型破り」
  • 永遠を謳歌した、ナイルズとサラの微妙な変化。
  • ループものの新しい「スタンダード」になりえる作品。

「パーム・スプリングス」について

基本データ

基本データ

  • 公開 2021年
  • 監督 マックス・バーバコウ
  • 脚本 アンディ・シアラ
  • 出演者 アンディ・サムバーグ/クリスティン・ミリオティ/J・K・シモンズ

あらすじ

舞台は砂漠のリゾート地、パーム・スプリングス

妹の結婚式で幸せムードに馴染めずにいたサラは、一見お調子者だが全てを見通したようなナイルズに興味を抱く。

いい雰囲気になる2人だが、謎の老人が突如ナイルズを襲撃に!
負傷したナイルズは近くの奇妙な洞窟へ逃げ込んでいく。

ナイルズの制止を聞かずサラも洞窟に入ってしまい、一度眠りに落ちると結婚式の日の朝にリセットされる“タイムループ”に閉じ込められてしまった!
しかもナイルズはすでにループにハマっていて、数え切れないほど同じ日を繰り返しているという。

2人で過ごす無限の今日は最高に楽しいものに思えたが、明日がこない日々は本当に大切なものを気づかせていく。
果たして2人は、永遠に続く時間の迷宮から抜け出し、未来を掴むことができるのか!?

「パーム・スプリングス」公式サイトより引用

「”タイムループ”もの」に新たな価値観を見出す

繰り返しとは「煉獄」

 

まず映画とは直接関係ないが、と言っても作中で主人公「ナイルズ」が口にするのだが、「煉獄」という言葉を取り上げていきたいと思う。

 

 

「煉獄とは?」

「煉獄」とは「カトリック」の教義で、いわゆる「天国」と「地獄」の間にあるとされてる。

天国に行くために、必要な浄化をされるために、火に焼かれる場所。

 

この作品における「タイムループ」はまさに、「煉獄」だ。
「タイムループ」という現象、それ自体が「煉獄的」であるということを、この作品は一見「コメディテイスト」ながら真正面から描いているといえる。

 

 

今作品は、一見すると「コメディ映画」である。
ひょんなことから目覚めると、登場人物は絶対に「11月9日」の朝に戻ってしまう、つまり「永遠の11月9日」を繰り返すことになる。
そんな様子を「コメディテイスト」で描くのだ。

 

主人公のナイルズは「タイムループ」に巻き込まれてから、最初は何とか「脱出」を試みるのだが「何をやっても脱出できず」
ついには「諦めの境地」に達した。

そして、その場の限りで出来る「薬」「酒」「女」「男」など、考えられる様々な「快楽」を貪ることになる。
だが、それでも彼は、リセットされず記憶を保持し続けていることもあり、この「繰り返される一日」が地獄の苦しみに変わっていくのだ。

 

 

そして徐々に「変わらない日々」に絶望していく。
それでも、何千回・何万回と「同じ一日」を経験しているにも関わらず、今作の冒頭でのナイルズと、この一日の出来事でループに巻き込まれる「サラ」と出会うシーン。

ここでは、少なくともナイルズは「その日を全力で楽しもうとしている」
正直、メンタルの強さは半端ないと思わされるシーンでもあるのだが。

 

 

関連作紹介

ちなみに「ループ」というと「涼宮ハルヒの憂鬱」での「エンドレスエイト」をやはり思い出してしまう。
全登場人物の記憶がリセットされる中で、「長門有希」だけが、何万回ものループの記憶を全て保持している。

彼女にとっても、「エンドレスエイト」は「煉獄」のような体験だったに違いない。
(だからこそ「涼宮ハルヒの消失」につながるわけだが)

 

 

この作品の冒頭で描かれる一連のシーン。
ここで、今までのナイルズが体験していた「ループ」と違う「イレギュラー」が発生することになる。

それが「サラ」も「タイムループ」に巻き込まれる事になるということだ。

 

そのキッカケとなる、ある男に「弓矢」で射殺されそうになるナイルズ。
ここまで「性的なシーン」「お色気」「コメディ」というのを全面に押し出しているのに、急に「ホラーテイスト」になる。

今作品はこのように、割と「飛躍した描写」も多く、意表をつかれるシーンが多いのだ。
このダイナミズムな作り、破綻を恐れぬ作劇が今作の面白さといえる。

 

 

ポイント

✅「永遠の繰り返し」はまさに「煉獄」といえる。

✅「破綻」を恐れぬ大胆な描写が面白い。

「繰り返し」を、如何に捉えるのか?

 

今作で繰り返しにとらわれる「ナイルズ」「サラ」そして、と謎の老人(ロイ)だ。

彼らはこの永遠の「11月9日」をどう捉えるのか?
今作では、この「捉え方」を通じて「人生観」を描いていく。

 

最初は「ループ」に巻き込まれたことでパニックを起こしたサラ。
彼女は、恐らく数万日前(同日をループするので、語弊があるが)にナイルズがやったように、様々な方法でこの「ループ」から脱出しようと試みる。

そしてナイルズと同じようにサラもまた、この永遠に続く「11月9日」を謳歌しようとする。

 

「酒屋」でのノリノリのダンス。
飛行機を盗んで操縦し、墜落。

などなど、考えつく限りの楽しみを尽くすことになる。

 

これまでナイルズは、自分の命を狙うロイ、それ以外の人間と、完全に壁があったのだ。
周囲の人間にとって「過ぎゆく一日」なのに、自分はその「一日にとらわれる」いわば「世界で一人ぼっち」といえる環境に身をおいているのだ。

 

編集長
つまり結婚式でのスピーチは、自分のことを話していたということだ

 

そんな「一人の世界」にやってきたサラ。

ナイルズはサラに「生きる意味はない」「繰り返されるだけ」とある種「諦め」のようなセリフを吐く。
だが、2人で「永遠の11月9日」をループするうちに、「一人の世界」に来てくれたサラに徐々に恋心を抱いていくのだ。

それはサラも同じだ、2人で繰り返す「永遠の11月9日」
その中で、ナイルズに信頼と愛情を持つことになるのだ。

 

 

ここで両者に意見の食い違いが現れていく。
「永遠の11月9日」でサラと一緒にいれれば、と告げるナイルズ。
それは、この「煉獄」の日々を、最愛の人間と「永遠に繰り返す」

そこに「幸せ」を見出そうとナイルズはするのだ。

 

 

だが、サラは、それを望まない。
自分のしてきた過ちを含めて、それでもこのループから脱して、その上でナイルズと一緒になる未来を求めるのだ。

そしてサラはナイルズに問いかける、「この世界だから、私を選ぶのか?」
つまり、この「永遠の11月9日」では、実質世界に2人しかいないも同義なのだ。

だからこそ「愛してくれるのか?」

 

それとも「永遠の11月9日」から出ても、「世界に人があふれていても」
自分を選んでくれるのか?
その事をナイルズに問いかけるのだ。

 

ここで、我々はこの2人の考えのどちらにも共感してしまう。

ナイルズにとって、延々と続く繰り返しの中、サラはようやく見つけた「光」なのだ。
それを手放したくない、出来れば永遠に、共にいたい。
そんな存在になったのだ。

それを失いたくない気持ちも痛いほど分かる。

 

だがサラは違う。
ナイルズは、果たして「永遠の11月9日」から脱っして、「11月10日」になったとしても、それでも自分を「愛してくれるのか?」
そして彼女は「11月10日」もナイルズと愛し合いたいと願っているのだ。

この気持も分かる。

 

今作はこうして「愛し合った」2人が「何を望むか?」
それを描いていくことになるのだ。

 

 

ポイント

✅「11月9日」で永遠に「サラ」といたいと願う「ナイルズ」

✅「11月10日」も「ナイルズ」を愛したい「サラ」

そうきたか、ループを打破せよ!!

 

今作はこの意見の食い違いから、ナイルズとサラは全く顔を合わせなくなる。

「永遠の11月9日」から脱するためにサラはある方法を取るのだが、これが非情に面白い。

 

彼女は「永遠の時間」という武器を使い、「物理量子学」を自力で学ぶ。
最初は全く理解できないが、「永遠の時間」で彼女は、どんどん本を読み進めていく。

繰り返しでも、記憶が保持されるからこそ出来る、芸当だ。
これはある意味で「覚えゲーム」のような感覚で進んでいく。

最初は太刀打ち出来なくても、何度も反復、つまり繰り返すことで、彼女は「物理量子学」を理解していくのだ。

 

この構図は、過去「トム・クルーズ」が主演した「オール・ユー・ニード・イズ・キル」と似ている。

 

原作は日本人の「桜坂洋」の作品です!

 

この永遠の時間に囚われた理由を「物理量子学」で謎を解き、様々な実験を凝らすシーンで、「おいおい」とツッコミたくなる実験をしたりもする。

このように今作は、普通の「タイムループもの」では、まずお目にかかれない、キチンと「現象」に「化学」で立ち向かうなど、この構図も非情に面白かったりするのだ。

 

ということで、2人が結果どうなるのか、それは今回明言せずにおこうかな、と思います。
それは、ぜひ映画をみてくださいね!!

 

 

ポイント

✅「タイムループ」に「運要素」ではなく、「化学」で立ち向かう構図がおもしろい。

随所に観られる「性描写」の意味

 

今作は冒頭から、随所に「性描写」が描かれる。

まずはナイルズと、「11月9日」時点で彼の彼女である「ミスティ」の「性描写」が描かれる。

だが、それはどこか淡白なものだ。
それには「11月9日」を迎えるまでの「経緯」もあるのだが・・・。

 

最大の理由はナイルズは「永遠に繰り返している」ということだ。

つまり彼にとって、このような「行為」は、もはや特別でも何でもなく、「ただの行為」に過ぎないものになっているということだ。

 

毎日繰り返し、そのため「同じ時間に行為に及ぶ」
そのことも含めて繰り返している、だからこそ、淡白にならざるを得ないのだ。

 

だからこそナイルズは「繰り返し」のなかで、「男女」「老若」とわず「性行為」をしまくるのだ。
この「永遠」になにかしらの「特別」を求めていたのだ。

 

だが、それも結局、なんの慰めにもならない。
結局「リセット」される、つまり「意味がない」のだ。

 

 

だが、サラとの行為は違った。
繰り返しの中で何千回と彼女とナイルズは交わっている。
だけど、ループに加わった「サラ」との行為は、「意味のあるもの」だったのだ。

 

つまり「キチンと愛し合った」その証になったのだ。

 

このように今作は、一見「お色気」
しかもそれを「不謹慎ギャグ」のように見せているが、「性描写」はキチンと意味を持つものになっている。

ナイルズにとって「ループの中での性行為」ではなく、キチンと「愛の証」として、意味を持つものに変化をしていくことになる。

 

実は、この辺りも巧みなバランスで描かれている。
それも今作の大きな特徴だと言える。

 

 

ポイント

✅一見ただの「お色気」それを利用した「不謹慎」ギャグとして「性行為」が描かれる。

✅だが、ナイルズにとって「ただのループの一貫」だった「性行為」が、「意味のあるもの」に変わる。

✅キチンと映画としても「意味のある描写」になっている。

 

今作を振り返って

ざっくり一言解説!!

「タイムループジャンル」に新しい風を吹かせる作品かも!!

コメディだけど、最後は泣けちゃう作品でした

まとめ

 

今作は笑える作品だが、「タイムループ」とは、ある意味で「永遠に終わらぬ煉獄」だということを強く意識させられる作品になっている。

そんな「煉獄」で愛する人を見つけたナイルズ。
彼が、「永遠」の中で彼女とずっと一緒にいたい、と願うのには共感させられる。

だが、サラのように「11月10日」でも「愛し合いたい」という思いにも、深く共感させられてしまう。

 

そして、今作は通常の「ループもの」では考えられない描写の数々が、いい意味で「なんでもあり感」を演出しているのも良かった。

特に冒頭のロイに射殺されるシーンは「ホラー映画」顔負け。
しかも、時々やってくるという「イレギュラー感」も「タイムループ」という題材に陥りがちな「単長感」を上手く消すことが出来ている。
これも実は上手い手だと関心させられた。

 

そして「性描写」やそれを示唆する描写。
これらの行為に「意味を見失った」ナイルズ。
彼に「性行為」の「意味を見いだせる」ことで、彼の「生きる意味」とする描写も丁寧だ。

 

一見するとただの「ギャグ」演出にも取られかねない、数々の描写、これらを「意味あるもの」にしている。
これは、やはり「上手い」ということだ。

 

ということで「パーム・スプリングス」
海外では「Hulu」での配信公開のみとのことですが、日本では「劇場公開」されてます!

ぜひオススメの作品ですので御覧ください!!

 

まとめ

  • 「永遠」とは、ある種の「煉獄」であることを描いている。
  • その中で「意味を見出し」、そこにとどまりたい思いと、そこから進みたい思いのせめぎあいが見事。

映画評 評論

2021/7/22

【映画記事】『竜とそばかすの姫』ーネットと現実ー

  今回は久しぶりに「新作映画」の評論です! ということで今日は、細田守さんの新作映画『竜とそばかすの姫」を見てきましたので、早速深堀り解説していきたいと思います!     今作のポイント 細田守の総決算!! 作り手は、ネット・SNSが悪いものではない、それ以上に「人間を良くする」と信じている! 今の「現実」と「ネット」の複雑な関わりが、物語を複雑にしている。 目次 『竜とそばかすの姫』について基本データあらすじインターネットの可能性を信じる男、細田守細田守の足跡ネガティブではなく、ポジティブに「インター ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/7/10

【映画記事】『ズートピア』ーディズニー史上、最もパーフェクトな作品ー【ディズニー総チェック】

  さて、今回も「長編ディズニーアニメーション」を公開順に鑑賞し、批評する「ディズニー総チェック」をやっていきたいと思います! ということで今日は通算55作品目の『ズートピア』を取り上げます。   とにかく「パーフェクト」「非の打ち所がない」作品なので、語るのが大変ですが、今日も頑張って深堀りしていきたいと思います。   今作のポイント 過去のディズニー作品の「負」を精算する作品。 ストーリー、物語構成、テーマ、全てが素晴らしい! 「新生ディズニー」の到達点! 目次 『ズート ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/6/28

【映画記事】『ベイマックス』ーDIY精神こそ「マーベル」【ディズニー総チェック】

  今日も「ディズニー長編アニメーション」を公開順に鑑賞・評論をしていく「ディズニー総チェック」 ということで、今回は通算54作品目『ベイマックス』について深堀り解説していきたいと思います。   今作のポイント 原作が「マーベル・コミック」であるということ。 「ヒーロー映画」と見るか、「ハートフル映画」と見るのか? DIY精神こそ「マーベル」である。 目次 『ベイマックス』について基本データあらすじ特筆すべきは原作が「マーベル作品」であるということ「ディズニー帝国」の歩み原作は「マーベ ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/6/22

【映画記事】『アナと雪の女王』ー史上最高傑作誕生ー【ディズニー総チェック】

    さて今日は「長編ディズニーアニメーション」を公開順に評論していく「ディズニー総チェック」 今回は通算53作品目、そして、現状「ディズニー史上最高傑作」の一本と誉れ高い『アナと雪の女王』を徹底的に深堀りしていきたいと思います。   思えば、人生で最初に「映画評論」的なことをした作品も、『アナと雪の女王』で。今にして思えば、この作品を語ったところから、「映画を見る」だけでなく、そのあと「評する」楽しさを教えてくれたのが、この作品なんですよね!   ということで、 ...

ReadMore

映画評 評論

2021/6/15

【映画記事】『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』ーできるだけ、わかりやすく深堀りー

  さて、今日は久々に新作映画の深堀り解説をしていきたいと思います。 ということで紹介するのは『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』です!   この作品のポイント シャア・アムロの思想を受け継ぐのが、ハサウェイ。 しかし、理想と現実に隔たりがある。 それでも「テロ」を起こして世界を変革しようとする男の物語。 目次 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』について基本データあらすじシャアとアムロを継ぐ男簡単に今作までを振り返る大きすぎる思想と、現実のギャップ今作を振り返ってまとめ 『機動戦士ガンダム 閃光のハ ...

ReadMore

-映画評, 評論
-

Copyright© Culture Club , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.