映画評 評論

【映画記事】「泣きたい私は猫をかぶる」を「言葉の意味」から考えてみる

2020年6月25日

今日は「Netflix」にて独占公開中の新作映画、「泣きたい私は猫をかぶる」を紹介します。

ちなみに、チョーどうでもいい話をすると、ここ3年間。
僕の中で「ネコがきてます」笑

甘えたと思ったら去っていく、あの人間に媚びない感じがクセになるんですよねぇ。

とりあえず僕は「猫推し」という無益情報でした・・・

この記事を読むと

  • この映画の主題は「猫をかぶる」ということに気づく。
  • 見てない方は、今すぐ見たくなる。

「泣きたい私は猫をかぶる」について

基本データ

  • 公開 2020年(Netflixにて独占配信作品)
  • 監督 佐藤順一/柴山智隆
  • 脚本  岡田麿里
  • 声の出演 志田未来/花江夏樹/寿美菜子 ほか

本来ならば「劇場公開」予定でしたが、コロナウィルスの影響で「Netflix限定配信」になったんだよ

あらすじ

私はあたなの力になりたい。好きって言われたい―

笹木美代(ささき・みよ)は、いつも明るく陽気な中学二年生の女の子。

空気を読まない言動で周囲を驚かせ、クラスメイトからは「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれている。

しかし本当は周りに気を使い、「無限大謎人間」とは裏腹に自分の感情を抑えて日々を過ごしていた。

そんなムゲは、熱烈な想いを寄せるクラスメイトの日之出賢人(ひので・けんと)へ毎日果敢にアタックを続けるが全く相手にされない。

めげずにアピールし続ける彼女には誰にも言えないとっておきの秘密があった・・・。

それは、猫の姿になって 大好きな日之出に会いにいくこと。

実はムゲは、ある夏祭りの夜お面屋にいた猫の店主から、「かぶると猫へと姿を変えることができる」という不思議なお面をもらって以来、猫・太郎として日之出の家に通っていたのだ。

普段はクールに振舞う日之出だが、太郎にだけは素直な気持ちを打ち明けることができ、いつしか太郎は日之出の支えになっていた。

≪人間≫のときには距離を取られてしまうが、≪猫≫のときには近づけるふたりの関係。

ムゲもまた、猫でいれば周囲との関係に悩むことない自由さを知り、次第に心地よさを覚えていく。

猫として長く過ごすほど、いつしか猫と自分の境界があいまいになるムゲ。

ある日、再び現れた猫店主から、猫の“お面”とムゲの“顔”を交換し、≪人間≫を捨て≪猫≫として生きるよう迫られる・・・

このままずっと、彼のそばにいたい。
でも、《私》に戻ることができなくなる――

自分が誰に支えられているのか。大切なものに気がつくとき、二人の世界が変わり始める。

公式サイトより抜粋(https://nakineko-movie.com/)

ちなみに「スタジオコロリド」制作の「BURN THE WITCH」も楽しみ!!

「猫をかぶる」が真実になってしまう

「猫をかぶる」「猫被り」について

そもそも「猫をかぶる」という言葉はどういう意味か?

 

  • 「本当の姿」「本性」を隠して、おとなしい人格として振舞う。
  • 「知っていながら、知らないふりをする」

 

では、なぜ「猫をかぶる」という言葉が生まれたのか?
その語源には2つの説があると言われている。

猫を”うわべだけ柔和で内心は貪欲だったり、陰険だったりする”ものと捉えたという説。

 

「猫」は、「ねこ」のことではなく、「ねござ」のことを言っているという説。

 

おそらくは2つの意味がかけ合わさり、つまり「むしろ」の「ねこ」が、動物の「猫」とかけあって現在の意味になったと考えられている。

 

 

また「猫被り」という言葉もある。

  • 本性を表に出さないようにしておとなしく殊勝なふうを装うさま、をさす言葉・表現。

本作は言葉の意味を知ると「猫をかぶる」「猫被り」こそがテーマであると言える。

 

「美代」の「ムゲ」という偽りの姿

今作の主人公「美代」は「ムゲ」(無限大謎人間)という変わったニックネームを持つ少女だ。

 

正直なところ物語の冒頭での「美代」の行動は「謎」が多すぎて感情移入するのに時間がかかってしまった。

 

いくら好きな男子がいても「ヒップアタック」で「挨拶」は理解できない。
おそらくそういう方も多いはずだが・・・。

 

これは、我々観客にも意味不明。
つまり「謎」な行動をする「美代」の「ムゲ」っぷりを一発で表現する手段としては最適だ。

 

ちなみに今作の「猫に変身する」という設定で、「猫をかぶる」という作品タイトルの意味を「なんとなく推察」した方も多いだろう。

だが今作を鑑賞すると、この時「美代」は既に「猫をかぶっている」のだ。ということに気づくことになる。

それは特別な「猫に変身」するという力云々ではない。
むしろ言葉の意味として「猫をかぶる」ということなのだが・・・。

それは「ムゲ」というニックネームで呼ばれる「美代」という姿で見られたい。
つまり「ムゲ」という仮面を被っているということだ。(これは「猫被り」という言葉の方が近い意味合いだが)

 

「美代」はなかなか複雑な家庭環境で育っており、両親が離婚。
父親に引き取られ、今の父親の恋人(再婚予定)の薫さんと暮らしている。

いわば彼女は「大人の事情」に振り回されていると言えるのだ。

 

ポイント

✅ 「ムゲ」という姿が、既に「猫をかぶっている」ということ。「ムゲ」という名前が、本当に「猫」の名前でありそう)

「猫をかぶった」姿が本当の「美代」だと考える周囲の人間

複雑な家庭環境で「美代」は少しずつ無理をしていく。

両親の離婚後、母親「実紀」との関係。
別の恋人と出会い「美代」を捨てた「美紀」だが、物語の冒頭「一緒に住もう」という無神経な提案をしたりする。

また共に暮らす父と再婚予定の相手であり、いわば義理の母になる「薫」と「美代」の関係。

 

そして「美紀」と「薫」の、どちらが「美代」のことを思っているか?
という揉め事など。

文字に起こすだけで「美代」がどれほど苦労しているのかがわかると思う。

 

さらには小学生時代には「両親のこと」で「イジメ」にあってしまう。

これほど「大人に振り回される」のははっきり言って不幸だ。

そこから「処世術」として「猫をかぶる」ことを「美代」は覚える

まだ幼い「美代」は「猫をかぶる」ということを覚える。

「薫」と父が再婚すること。
母には捨てられたが、それでも「母が好き」という気持ちを持つ「美代」は、そのことに傷つかないはずがないのだ。

 

だがそれでも父の幸せを考えてしまう「美代」は「無理して笑い」
自分心のうちの「本音」を言わずに「大人しく受け入れよう」とするのだ。
だからこそ、周囲は「美代」が納得しているようにも見えてしまうのだ。

 

だからこそ「美代」が心のうちをぶちまけるシーン。

本当の思いだからこそ、そこには切実さが込もっている。

 

そして「好きな人」に「ヒップアタック」など過剰なスキンシップをとるいう振る舞い。

これも周りの人間から見ると「好きな相手に付きまとっている」「謎な行動」に見えるのだが本心は別。

むしろ「好き」という言葉をきちんと相手に伝えられないが故の行動なのだ。

 

あまりにも「美代」の「やりすぎ」で「本気度」が見えにくい行動。

「本気」か「本気ではないのか」曖昧にすることで、
「好かれなくても」「本気ではない」
と逃げ道のようなものを作っているように見えてしまった。

 

実際に物語が進み「美代」が変身した猫”太郎”に本音を打ち明ける「日之出」も「あいつみたいに、自分の思いをはっきり口にできたら」と吐露する。

だが実際は違う。

「美代」は本音を言ってはいないし、むしろそれができずに苦しい思いをしているのだ。

 

ポイント

✅ 周囲は「猫をかぶった」姿(=ムゲ)を「美代」の”本当の姿”だと認識してしまう。

✅ 本当の姿は「言いたいことも言えない」「複雑な環境」に思い悩む「美代」

「好き」と言われたいから「好き」と言おうとする変化

「好かれたい」思い

さて今作で「美代」が抱く欲求の1つに「好かれたい」という思いが存在する。

これも彼女がおそらく「美紀」に捨てられた。
というのが起因していると言える。

 

「好かれたい」つまり「好き」と言われたい、究極的な人間の欲求だと言えるこの感情。

 

本当は「薫」にも愛されたい、だけど血の繋がってない自分を本当に「愛してくれるのか」「好きになってくれるのか」

 

その悩みが故に「美代」は「人を好きにならない」ように生きようとするのだ。

 

自分が「好かれない」ことで傷つくくらいならば、「人を好きにならないよう」に努力する。
こうして彼女にとって世界はどんどん、「必要のないもの」「なくなってしまって良いもの」になっていく。

 

そこで彼女に「好きになる」という感情を取り戻させるのが、猫に変身した際に出会う「日之出」なのだ。
しかしそこで「好き」とストレートに言えない彼女は「好き」と言われたい思いを抱く。

それは「猫」である”太郎”に変身している際にかけられる言葉だ。

 

そして「好き」ということを、勇気を出して伝えようとした際に起こる出来事で「美代」は大きな傷を負う。

そのことで彼女は「人間よりも猫として生きる」
つまり「自分を偽る”猫を被り”生きる」ということを肯定してしまう。

 

言葉の意味として「猫をかぶる」
ファンタジー設定として猫の仮面を被り「猫になる」

そこから本当の自分を取り戻すことが後半の主題となる。

 

今回の物語は、そこからいかに「正直」に生きるのか。
そうした思いを取り戻す話だと言える。

 

ポイント

✅ 今作は「正直」に生きることを取り戻す。つまり「猫をかぶる」ことをやめることを選ぶ物語だと言える

エンドロールの後日談が個人的には「好き」

後日談系のエンドロールはお得感が増す

個人的には、後半の「猫世界」での冒険や、自分を取り戻す物語構成は概ね上手くいっていると思う。

そしてエンドロール。

僕はこういう後日談が語られるエンドロールは好きです。
「ヨルシカ」のテーマ曲も感動5割増しなんです。

しかも「薫」「美紀」とのやりとりが、静止画にセリフが綴られていくスタイル。

本編でやると、どうしても「お涙頂戴」的展開になりそうなところを、さらりと処理しているのが、個人的にはGOOD。

猫の「きなこ」との関係性も、これくらいの距離感で終わる方が「猫」っぽい。

「きなこ」と「薫」

個人的にグッときたのが「薫」と飼い猫「きなこ」の関係性。

「きなこ」はずっと飼っててくれた「薫」の幸せを願っている。
そのために彼女が「美代」と仲良しになれば幸せになれのでは?
と考えている。

この物語で冒頭から「きなこ」が「美代」に懐いて無さそうな雰囲気はそれが原因だ。

だからこそ「きなこ」は「人間の仮面」(=「美代」)を被り、「美代」として生きることで「薫」を幸せにしようとするのだ。

しかしそのことで「きなこ」がいなくなることで悲しむ「薫」という姿を見て、「美代」「きなこ」が元の姿に戻ろうと協力するのも、個人的にはこの映画の好きなところ!!

今作を振り返って

ざっくり一言解説!

「猫をかぶる」という言葉について考えさせられた!!

まとめ

今回は「猫をかぶる」「猫被り」という言葉の意味から、物語を見ていくということをしてしまい、難産な評論になってしまいました。

そう言えば僕も「猫被り」なのかもしれない。

考えると。
なんとか難しい評論方法に挑戦して、「差別化」「特別感」あるキャラに見られようとしていた。
まぁ、それも上手くいってないのだろう。

でもこう見られたい。という姿を演じることが「全てが悪い」ことだとは当然思わない。

「美代」も「猫をかぶった」(言葉の意味的にも、物語のファンタジー要素としても)からこそ、本当の自分の気持ちに気づけた。成長できたのだ。

そう考えると「猫をかぶる」のも悪いことではないのかもしれない。

でも、こういう言葉の意味から考えて文章を組み立てるのは「難しい」なと、改めて”まだまだだな”と思わされる評論にもなりました。

 

というわけで、読了ありがとうございました。
また別の記事であいましょう!!

関連作品紹介

スタジオコロリド作品

映画評 評論

2021/7/22

【映画記事】『竜とそばかすの姫』ーネットと現実ー

  今回は久しぶりに「新作映画」の評論です! ということで今日は、細田守さんの新作映画『竜とそばかすの姫」を見てきましたので、早速深堀り解説していきたいと思います!     今作のポイント 細田守の総決算!! 作り手は、ネット・SNSが悪いものではない、それ以上に「人間を良くする」と信じている! 今の「現実」と「ネット」の複雑な関わりが、物語を複雑にしている。 目次 『竜とそばかすの姫』について基本データあらすじインターネットの可能性を信じる男、細田守細田守の足跡ネガティブではなく、ポジティブに「インター ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/7/10

【映画記事】『ズートピア』ーディズニー史上、最もパーフェクトな作品ー【ディズニー総チェック】

  さて、今回も「長編ディズニーアニメーション」を公開順に鑑賞し、批評する「ディズニー総チェック」をやっていきたいと思います! ということで今日は通算55作品目の『ズートピア』を取り上げます。   とにかく「パーフェクト」「非の打ち所がない」作品なので、語るのが大変ですが、今日も頑張って深堀りしていきたいと思います。   今作のポイント 過去のディズニー作品の「負」を精算する作品。 ストーリー、物語構成、テーマ、全てが素晴らしい! 「新生ディズニー」の到達点! 目次 『ズート ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/6/28

【映画記事】『ベイマックス』ーDIY精神こそ「マーベル」【ディズニー総チェック】

  今日も「ディズニー長編アニメーション」を公開順に鑑賞・評論をしていく「ディズニー総チェック」 ということで、今回は通算54作品目『ベイマックス』について深堀り解説していきたいと思います。   今作のポイント 原作が「マーベル・コミック」であるということ。 「ヒーロー映画」と見るか、「ハートフル映画」と見るのか? DIY精神こそ「マーベル」である。 目次 『ベイマックス』について基本データあらすじ特筆すべきは原作が「マーベル作品」であるということ「ディズニー帝国」の歩み原作は「マーベ ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/6/22

【映画記事】『アナと雪の女王』ー史上最高傑作誕生ー【ディズニー総チェック】

    さて今日は「長編ディズニーアニメーション」を公開順に評論していく「ディズニー総チェック」 今回は通算53作品目、そして、現状「ディズニー史上最高傑作」の一本と誉れ高い『アナと雪の女王』を徹底的に深堀りしていきたいと思います。   思えば、人生で最初に「映画評論」的なことをした作品も、『アナと雪の女王』で。今にして思えば、この作品を語ったところから、「映画を見る」だけでなく、そのあと「評する」楽しさを教えてくれたのが、この作品なんですよね!   ということで、 ...

ReadMore

映画評 評論

2021/6/15

【映画記事】『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』ーできるだけ、わかりやすく深堀りー

  さて、今日は久々に新作映画の深堀り解説をしていきたいと思います。 ということで紹介するのは『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』です!   この作品のポイント シャア・アムロの思想を受け継ぐのが、ハサウェイ。 しかし、理想と現実に隔たりがある。 それでも「テロ」を起こして世界を変革しようとする男の物語。 目次 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』について基本データあらすじシャアとアムロを継ぐ男簡単に今作までを振り返る大きすぎる思想と、現実のギャップ今作を振り返ってまとめ 『機動戦士ガンダム 閃光のハ ...

ReadMore

-映画評, 評論
-

Copyright© Culture Club , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.