雑記

【コラム】「星の子」を「エドワード・ファーロング」で読み解く

2020年8月2日

作品紹介

「星の子」今村夏子

あらすじ

主人公・林ちひろは中学3年生。

出生直後から病弱だったちひろを救いたい一心で、

両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいき、

その信仰は少しずつ家族を崩壊させていく。

第39回 野間文芸新人賞受賞作。

Amazon作品紹介より抜粋

10月には劇場版も公開予定です

注意

決定的ネタバレは避けますが、結末に関わる部分に触れております。

 

なぜ、初恋の相手が「エドワード・ファーロング」なのか?

自分のいる境遇がおかしい。
「信じている」ものがおかしい。

 

外にいる人間から見ると、明らかにおかしいことを「信じている」
そう思われていようと、そのことを「信じている人間」は、そういう外部の声を受け止めることができるのだろうか?

その境遇、運命から抜け出すことが幸せなのだろうか?

 

今作は、カルト教団にどっぷりつかった両親と娘の心情を切り取った作品だ。
通常なら、そこからの脱却を目指す話になりそうな物語題材だ。

 

だが「星の子」はそうはいかない。

 

主人公の「ちひろ」は幼少期病弱だったが、あるカルト教団に勧められた「水」を使うことで、健康を取り戻し、両親はいよいよ、その教えにどっぷりつかってしまう。

 

この物語では、その教団が行っているであろう、詐欺、監禁など、危険な香りをそこかしこに醸し出す。
ちひろの中学校の友人など、外部の人間は、明らかに「教団を危険視」している。

物語が進む逸れて、両親は見窄らしくなり、引っ越すたびに家が小さくなる。
明らかに搾取されているとしか思えない状況になっている。

そして。両親の行う、儀式?のようなものを外部の人間が見たときの反応。
「不審者だ」と両親が言われる状況。

 

ちひろの気持ちを慮ると、心臓がキュッと捕まれる感覚におちいってしまう。
外から見た、ちひろのいる環境の異常さを指摘する、外部の声。
それらは残酷に彼女の心に突き刺さる。
それを今作は、容赦無く描いている。

 

明らかに、外部の目から見れば異常な集会などを行なっている教団。
そんな状況でも教団に居場所があり、それを信じているのが、ちひろたち一家だ。
ちひろ達は子供の頃から教団のイベントに参加し、そこに知人がいる。

 

そんな彼女は、やはり教団と深く関わる人生を選んでしまっているのだ。

 

作品を通じて、何かがおかしい「かも」その気配は少しずつ感じとるちひろ。
だが、それでも、それが当たり前の状態で生きているちひろは、そこから抜け出すことができない。

 

彼女にとってカルト教団から抜けることが幸せなことなのか?
真実を、わかりかけている彼女が、そのことを受け止めることが「いい」ことなのか?

大人になるにつれて、多くのことを学んだ、そして、これから学ぶちひろがどのような決断をするのか?
そして、その決断が、彼女の幸せになるのか?

「流れ星」がちひろには見えて、両親には見えない。
その齟齬を受けた彼女が、これからどう歩むのか?

その疑問を投げかけ本作は幕を閉じた。

 

 

 

実は、この投げかけの答えに対応する要素がこの作品には隠されている。
この作品で、ちひろが初恋をする相手「エドワード・ファーロング」だ。
厳密に言えば、彼が「ターミネーター2」で演じた「ジョン・コナー」なのだが。

 

エドワード・ファーロングが演じるジョン・コナーは「ターミネーター2」でサラ・コナーの息子として登場する。
ジョンは来る未来、人類とスカイネットという人工知能の戦争で、人類側のリーダーになることが運命づけられている。

 

前作にあたる「ターミネーター」では、スカイネットがジョンが生まれる前にサラを殺して、彼の生まれる運命をなき事にしようと、未来から殺人マシン「ターミネーター」(シュワルツネガー)を送り込む。
未来の人間側も、カイルを送り込み殺人マシンとの激闘の末なんとかスカイネットの企みを挫くことに成功する。

そして、ジョンはこの世に生を受ける。

 

「ターミネーター2」でも同じように、スカイネットは「ターミネーター」(液体型)を送り込み、彼を殺害しようとする。
未来の人類は、ジョンの味方になるように、プログラミングした「ターミネーター」(シュワルツネガー)に彼を守らせる。
そして見事に彼は生き延び、そして、スカイネットが生まれる未来を書き換える事に成功するのだ。

 

考えてほしいのだが、ジョンはこれで幸せなのだろうか?
彼は、実は人類のリーダーとして、輝かしい、なんなら歴史に名を残すチャンスを不意にしたのだ。

 

未来の殺人兵器に追われる、そして人類のリーダーになる。
ジョンは、我々から見れば、重すぎる運命を背負っているようにも思えるし、そんな境遇は不運だと思ってしまう。

 

しかし、彼にとっては「人類のリーダー」になる未来こそ、我々から見れば不運な運命の中にいる方が幸せなのではないか?

 

それを描いたのが「ターミネーター3」だ。
ジョンはすっかりふぬけになり、どうしようもないダメ人間に成り果ててしまっている。
このままでは、ロクな生き方をしない。そんな予感すらさせる。

(ちなみにジョンの演者も変わり「ニック・スタール」が演じるが、エドワード・ファーロングと比べると圧倒的に「華がない」)

この人生の方が、彼にとっては不本意な人生なのではないか?

 

その後、「ターミネーター4」でとはいえ、人類の救世主になる、その運命のレールに再び乗ったジョン。
ご丁寧に演者を「クリスチャン・ベール」に変更して、再度「華」を与えている。

 

このように、外から見れば不運な環境と思しき、そんな境遇から抜け出す、それが結果として「幸福」になるのか?
そのことを描いている「ターミネータ」という作品。

作者は、ここまでを見越して「エドワード・ファーロング」を、ちひろの初恋相手にしたのか?
確認する手立てはないので、この記事を作者が目にしてくれることを願う。

 

しかし、共通していることは、外部から見たら「不幸」はっきり「不幸」では? と思える境遇にいることこそ、本当の「幸せ」ということもありえるのだ。という点だ。

 

そして、なにを「幸せ」と信じるのか?
それは個人、各々が考えることだ。
にも関わらず自分たちの考えの及ばない「幸せ」を信じている者に対して、我々は「嫌悪感」を抱くのだ。

事実、ちひろは、「水」のおかげで健康を取り戻しているのだ。
その「水」がいくらインチキだと、その可能性を描いていたとしても、その点は忘れてはならないし、否定できないのだ。

 

この作品は、教団にいる者たちの「信じる」対象を「否定」しようとはしない。
登場人物の境遇を「不幸」だと断言しない。

そこに「いる者」それを「信じてしまう者」
そうした人々に「何かを押し付ける」ことをしようとはしない。

 

ある意味で一歩引いた視点で描かれており、そこに「答え」を出すのは、あくまで、ちひろなのだ。

 

この登場人物の「信じる」対象との距離感。
その距離感が、作者の「優しさ」であり、同時に「厳しさ」でもあるのだ。

原作は非常に「いい」作品だと思います、「劇場版」も期待できるので、みなさんの「鑑賞予定」に付け加えてくださいね!!

映画版については、こちらから!!

 

映画評 評論

2023/1/31

『イニシェリン島の精霊』〜しょうもないことが怖いんだ〜

  今回は新作映画評論ということで、もしかすると大注目作品になるかも知れない作品を見てきました。 ということで、第95回アカデミー賞において、作品賞、監督賞(マーティン・マクドナー)。主演男優賞(コリン・ファレル)、助演男優賞(ブレンダン・グリーソン)、助演男優賞(バリー・コーガン)、助演女優賞(ケリー・コンドン)、脚本賞(マーティン・マクドナー)、作曲賞(カーター・バーウェル)、編集賞(ミッケル・E.G.ニールセン)の主要8部門9ノミネートを果たした。 『イニシェリン島の精霊』を評論していきたいと思いま ...

ReadMore

映画評 評論

2023/1/28

『おやゆび姫 サンベリーナ』〜評価は最悪、実際はどうなん??〜

    今回は、以前評論した『アナスタシア』に引き続き、元ディズニーアニメーターのドン・ブルースが生み出した作品を評論。 ということで『おやゆび姫 サンベリーナ』を評論したいと思います。   ポイント ドン・ブルースってどんな人? 前半はかなりいい! サンベリーナ視点で描く徹底ぶり 目次 『おやゆび姫 サンベリーナ』について作品データ実は悪くない!!ディズニーを脱退した男!映画は「絶対評価」or「相対評価」!?文句なしの前半原作がそうだから、仕方ないかもしれないが・・・。決着の行方は??映画は時間芸術 『 ...

ReadMore

PIXAR総チェック 評論

2022/12/17

『カーズ2』〜1作目からの変化とは?〜【ピクサー総チェック#12】

  今回は久々に「ピクサー作品」を公開順に鑑賞し、評論する「ピクサー総チェック」 今回は人気の「カーズシリーズ」の第2作目『カーズ2』について語りたいと思います。   この作品のポイント 前作から大きく変わった作劇 実は皮肉に満ちた「エネルギー論」 リンク 目次 『カーズ2』について基本データあらすじ一作目からガラリと変わる作風1作目の面白さとは?作風が大きく変化している新エネルギーをめぐる陰謀友情についてまとめ 『カーズ2』について 基本データ 基本データ 公開 2011年 監督 ジョン・ラセター/ブラ ...

ReadMore

映画評 評論

2022/12/8

『THE FIRST SLAM DUNK』〜好き嫌い分かれる作品〜【映画評論】

  今回はバスケットボール漫画・スポーツ漫画。いや、少年漫画史に残る金字塔のアニメ化作品。 『THE FIRST SLAM DUNK』を評論したいと思います。   この作品のポイント なぜ今「スラムダンク」なのか? 原作との距離感で評価が変わる リンク 目次 『THE FIRST SLAM DUNK』について『THE FIRST SLAM DUNK』基本データ作品紹介なぜ、今「スラムダンク」なのか?賛否両論のアレンジ宮城リョータが主人公たる理由コンプレックス乗り越えてただし問題もあるまとめ 『THE FI ...

ReadMore

映画評 評論

2022/11/16

『すずめの戸締まり』〜本当にこれでいいのか?・・・〜【新作映画評論】

  今回は『君の名は。』『天気の子』とヒット作を連発している、新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』 こちらの作品ついて今日は深堀りをしていきたいと思います。   この作品のポイント 過去作を踏まえた上での『すずめの戸締まり』 意図は理解できるのだが・・・。 天災の扱い方に疑問 リンク 目次 『すずめの戸締まり』について作品についてあらすじ本当にこれが「いい作品」なのか??過去作との関連性震災を描くという意味そもそも、映画としての「質」が悪くないか??もちろん「言いたいこと」はわかるま ...

ReadMore

-雑記
-

Copyright© Culture Club , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.