ディズニー総チェック 評論

【映画記事】「ホーム・オン・ザ・レンジ/にぎやか農場を救え!」 知名度は皆無だが・・・【ディズニー総チェック】

2021年5月5日

 

今日は、久々に「ディズニー長編アニメーション」を公開順に紹介する「ディズニー総チェック」

今回取り上げるのは「ホーム・オン・ザ・レンジ/にぎやか農場を救え!」です。

 

ちなみに、日本では劇場未公開という、物凄く「不憫」な作品だと言えます。

 

この作品のポイント

  • 全体的にテンポよく、笑える作品。
  • 物語の基本に忠実な「行って・帰ってくる」物語。
  • 個人的にはかなり「高評価」したい。

「ホーム・オン・ザ・レンジ/にぎやか農場を救え!」について

基本データ

基本データ

  • 公開 2004年(日本未公開)
  • 監督 ウィル・フィン/ジョン・サンフォード
  • 脚本 ウィル・フィン/ジョン・サンフォード/マイケル・ラバシュ ほか
  • 声の出演 ロザンヌ・バー ほか

あらすじ

欲深い悪党たちが、ある農場を奪い取ろうとたくらむ。

そこで暮らす3頭のウシや、蹴りが得意な馬などの動物たちが、農場を救うために協力して悪党たちに立ち向かう。

高額の懸賞金を手に入れるため、動物たちは団結して危険を冒し、悪党たちと張り合う。

ディズニープラスより引用

日本未公開ということもあり、情報が薄すぎる・・・
この辺り「ディズニープラス」は、ホントいい加減だわ

基本に忠実な良作

物語の骨格は「古典的」

 

今作「ホーム・オン・ザ・レンジ」について、先に結論を言っておくと、「良作」だと言える。

 

確かに「日本劇場未公開」で、しかも情報もほとんどない。
なので軽んじられてる作品である、そのことは認めざるを得ないが、それで見ないのは勿体ない。

それほど、良質な作品だと言えるのだ。

 

 

 

そんな、今作品は基本的には、いたってシンプルな物語構造を持っている。
もっというと、「古典的」とさえ言えるほどにシンプルなのだ。

 

「行って・帰ってくる」
まさに、今作はこの一言ですべて説明したも当然だ。

 

今作は、西部開拓時代が舞台だ。

そこで、三匹の雌牛「マギー」「キャロウェイ」「グレイス」が、牛泥棒で賞金首の「アラメダ」を捕まえて、その懸賞金で「楽園農場」を守ろうとする話だ。
その「旅」の道中で三匹は喧嘩し、そして友情を育み、そして目的を達成して、戻ってくる。

 

至ってシンプルな物語構造なのだ。

と、いうことはどういうことか?
このブログ的には非情に「語りにくい」作品であるともいえるんですよね(笑)

 

しかも、物語のテンポも非常に早い。
今作は「マギー」が別の農場から「楽園農場」にやってきて、そこから、「楽園農場の危機」
そして「旅立ち」までも非常に早いのだ。

 

最初は品評会で高評価されたこと、そして「下品な言葉遣い」でマギーと、上品な「キャロウェイ」は反りが合わない。
「グレイス」は空気を読まないので、どこか一同のやりとりは、ぎくしゃくしている。

そこに、もう一匹空気をよまない馬の「バック」が関わってくる。

基本的にはこの4匹が関わり合いが、今作では描かれるのだ。

 

 

ポイント

✅古典的「物語展開」、テンポの良さが特徴。

コメディよりの作品

 

今作は基本的に「シリアス」というより「コメディ」として描かれる作品だ。

三匹の雌牛のやり取りや、空気の読めない馬の「バック」

 

編集長
一応、彼には一番「シリアスな成長」が用意されている。

 

 

そして今作のヴィラン「アラメダ」と部下のやり取りなども、非常に面白いものになっている。

なかでもアラメダの「特殊能力」ともいうべき「ヨーデル」
牛を洗脳させ、いのままに操る力なのだが、このシーンの表現は、一番「イッちゃってた」時期の「ディズニー」らしい、非常にビビットでドラッギーなものになっている。

「ダンボ」の酔っぱらいシーンや「プーさん」の「ズオウとヒイタチ」なみに、画面がチカチカ、マギーたちのイッちゃってる目など。
この感じもディズニーの面白さだとも言える。

 

 

深堀りポイント

彼が悪に染まる原因はアラメダの「ヨーデル」を、かつて彼が働いていた農園の、主にバカにされていたのが原因だ。

恐らく、「歌声」そのものをバカにしたというよりも、副産物的に「牛をおかしくさせる」ことに対する、苦言を呈したのだろうとは思われる・・・。

それを武器にして「牛泥棒」をしていることを考えると、かなり味わい深いキャラだとも言える。

ヴィランでいうと「リコ」はただの「ミスリード」的存在としか描かれないのが、若干不満であったりもする。

 

 

そして、この世界観のなかで唯一の「シリアスムード」なキャラクター、「伝説の賞金稼ぎリコ」
彼は、基本的に顔は厳つく、そして悪人を容赦なく捕まえて賞金を荒稼ぎするキャラで、馬の「バック」は彼とともに「正義の味方」として活躍することを夢見ている。

 

しかし、そんな彼が実はアラメダとグルだったこと、そこでバックは、この物語の中で唯一「信じていたものに裏切られる」という経験をしてしまう。

そこから、自分の「正義」を貫く姿が描かれもするのだが、だがその後の活躍も非常に「コメディ的」になっている。

 

 

ちなみに途中「トロッコ」で縦横無尽に駆け回るシーンもあるが、これは「西武時代」や、切り立った岩山という立地。
これらの要素から、「ビックサンダーマウンテン」的なものを想像させられた。

これはかなり、作り手としても意識的にやってることだと思えるのだが。
一体どうなんでしょうか?(笑)

 

「乗り物アクション」という観点でいうと・・・。

ラストの蒸気機関車で暴走するラストも非常に「ドタバタコメディ」として、勢い重視でここも見応えはあった。
そして「ポイント切り替え」の場面は、うさぎの「ラッキー」の義足を「そう使うか」と工夫も見ることが出来た。

このように、「勢い」「コメディ」に振り切った作りが、今作最大の魅力だと言えるのだ。

 

 

ポイント

✅「コメディ」「アクション」に振り切った作劇である。

「良作」ではあるが・・・

 

今作は基本的に「コメディ」「アクション」に割り切った、これはこれで「良作」と呼んで差し支えない作品だと言える。

だが、例えば動物のデザイン、特に主役三匹が「かわいくない」というか、なんというか。

 

まぁこれは「人気は出ないだろう」ってデザインとも言える。

 

 

また、たしかに「コメディ」として良質であるが(個人的には「ラマになった王様」より全然面白いと思います)、それ以上でもないというのが、評価されない点なのかもしれない。

 

確かに音楽面は「アラン・メンケン」が手掛けているので、そこは非常に素晴らしい。
だけど、「もう一歩」何か足らないのが、この作品が「良作ではあるが・・・」で止まってしまう大きな原因だとも言える。

 

恐らくその原因は「キャラ」ではないか? と僕は思う。
やはり「登場キャラ」が、この時期のディズニー作品では「魅力に乏しい」
これが、この時代に付きまとう大きな問題だと言える。

 

 

それが「リロ・アンド・スティッチ」を除く、「2000年代」の「ディズニー作品」に共通している、いわゆる「暗黒の理由」なのではないか?

 

 

「暗黒期」だと言われても、作品それぞれをキチンとみると、「良い部分」も多いのに、何故か物足りなくなってしまう。
その大きな理由とも言える「キャラ」

 

恐らく「他社アニメ」なら、これで評価されるかも知れないが、やはり「ディズニー」は多くの「キャラクター」を生み出してきた歴史があるのだ。
そのため、「この部分が弱いと」たちまち「評価が低くなる」のだ。

 

 

編集長
そう考えると「リロ・アンド・スティッチ」は「スティッチ」というキャがを生み出せたのが、
どれほど「でかい功績」だったか、分かってもらえるのでは?

 

 

そういう意味でいうと、やはり今作の「キャラ」は弱い。
勿論、作品としては十分なキャラ付けがされているので、これはこれでいいのだが、それでも「弱さ」を感じてしまう。

恐らく、この「暗黒期」の原因は「ディズニー」が魅力的な「キャラ造形」が出来なくなった時期、つまり「マンネリ」に入ったことなのかも知れない。

 

 

ポイント

✅「良作ではあるが」、この時期特有の「キャラの魅力不足」に泣かされた。

 

今作品を振り返って

ざっくり一言解説!!

悪くはない作品だが、何か足らない・・・

だからこそ「暗黒期」なんだろうね

まとめ

 

今作品は「日本未公開」ということもあり「知名度」は低いが、しかし大変「見ごたえ」のある作品だったと言える。

「コメディ要素」「テンポ感」「派手なアクション」など随所に面白い要素が散りばめられていた。

 

しかし、それでも「満足」出来ないのは何故か?

 

その理由は、恐らく「キャラクター」だ。

この「2000年代」は「総チェック」で何度も繰り返しているが、「暗黒期」と言われる時期なのだが、どの作品も鑑賞すると「光るものがある」
何だったらキチンと「成長している証」すら見えるのだ。

 

「だけど、足りない、なにか」

アリエルの心境ではないが、確実に「足らないもの」があるのだ。

 

それが恐らく「キャラクターの魅力だ」

 

物語内でのキャラ付けとしては十分なのだが、「ディズニーらしさ」「ディズニーに求められている」
こうした要素を取り込めていないのだ。

そう考えると「スティッチ」はやはり「内容」プラス「キャラが良い」ことで「大ヒット」した。
そのことを見ると、「キャラクター」の魅力は、やはり「ディズニー映画」にとっては、必要不可欠と言えるのだ。

それは、ここまで積み上げた「歴史」がそうさせているのである。

 

だが、映画としてみれば(ディズニー抜きに考えて)、今作は非常に見応えのある作品であることは間違いないので・・・。

というより、「ディズニーだから」損しているともいえるので、ぜひ軽い気持ちで見てください。

絶対楽しめますから!!

 

 

まとめ

  • 全体として良作!
  • しかし「ディズニー映画」としては物足りない、「映画」としては十分楽しめる!

映画評 評論

2022/11/16

『すずめの戸締まり』〜本当にこれでいいのか?・・・〜【新作映画評論】

  今回は『君の名は。』『天気の子』とヒット作を連発している、新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』 こちらの作品ついて今日は深堀りをしていきたいと思います。   この作品のポイント 過去作を踏まえた上での『すずめの戸締まり』 意図は理解できるのだが・・・。 天災の扱い方に疑問 リンク 目次 『すずめの戸締まり』について作品についてあらすじ本当にこれが「いい作品」なのか??過去作との関連性震災を描くという意味そもそも、映画としての「質」が悪くないか??もちろん「言いたいこと」はわかるま ...

ReadMore

映画評 評論

2022/11/7

『恋人はアンバー』〜自分自身を受け入れろ〜【新作映画評論】

  今日は新作映画について語りたいと思います。 ということで、今回はアイルランドから届いたユーモラスでチャーミングな青春映画の傑作。 『恋人はアンバー』を深堀りします!   この作品のポイント 自分を受け入れる物語 自分を縛るのは、環境ではなく「自分」だ! 目次 『恋人はアンバー』について基本データあらすじ自分を”自分”で受け入れる物語1990年代のアイルランド恋愛経験のないことに対する揶揄いかけがえのない存在にはなるが・・・。エディとアンバー前をいくアンバー、ついていくエディそこに「 ...

ReadMore

映画評 評論

2022/11/2

『アムステルダム』〜豪華キャスト作品だが・・・〜【新作映画評論・短評】

  今週も新作映画を鑑賞してまいりましたので、感想を語りたいと思います。 と言うことで、今日は本年度アカデミー賞有力と評判の『アムステルダム』こちらを鑑賞してきましたので、作品について深堀りします!!   この作品のポイント 豪華キャストで魅せる作品 「ほぼ実話」として語られるが・・・。 目次 『アムステルダム』について基本データあらすじ本当にあった「話」と言う体裁話の筋自体は、よくある話史実のように語られるが・・・なぜ、この物語を作ったのか?気になるところも・・・。まとめ 『アムステルダム』について 基 ...

ReadMore

映画評 評論

2022/10/17

『スペンサー ダイアナの決意』〜プリンセスは大変だ!〜【新作映画評論】

  今週は映画館にて新作映画を見てきましたので、作品についての感想・評論をしたいと思います。 ということで、今回紹介する作品は、世界中でファッショニスタとして、今なお愛される存在、ダイアナ元妃げんぴを題材にした作品。 『スペンサー ダイアナの決意』こちらを鑑賞してきましので、紹介したいと思います。   この作品のポイント プリンセスになったが故の苦しみ 歴史上の「王」「女王」として評価される恐ろしさ 「伝統」の本質的なおかしさが描かれる 目次 『スペンサー ダイアナの決意』について作品 ...

ReadMore

映画評 評論

2022/10/10

『アナスタシア』〜構成がうまい逸品〜【映画評論】

リンク   今回は「ディズニー」ぽいけど、実は「ディズニー」ではない作品として有名な『アナスタシア』を評論したいと思います。   ちなみに、この作品を制作した「20世紀フォックス」はディズニーに買収されたので、今ではこの作品は広義の意味で「ディズニー作品」の一つになってます。   この作品のポイント 主人公とヴィランの対関係がおもしろい 虚実を混ぜ、工夫された作劇 目次 『アナスタシア』について作品情報あらすじ見過ごせない逸品!!なぜディズニー作品っぽいのか?時代・舞台が確定している中での「プリンセス」も ...

ReadMore

-ディズニー総チェック, 評論
-

Copyright© Culture Club , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.