ディズニー総チェック 評論

【映画記事】「ファン・アンド・ファンシー・フリー」の興味深い点とは?【ディズニー総チェック】

2020年10月25日

 

今日も「ディズニー総チェック」!!
という事で取り上げる作品は、コチラ!

「ファン・アンド・ファンシー・フリー」です。

 

この作品のポイント

  • ミッキー、ドナルド、グーフィー、ジミニーの共演。(この言い方は少し語弊がある)
  • この時期のオムニバスは総じて「実写」と「アニメ」の融合にトライし続けている。
  • 悪くはないのだが・・・。」
編集長
正直、何を語ればいいのか・・・。難しい作品です

 

「ファン・アンド・ファンシー・フリー」について

基本データ

基本データ

  • 公開 1947年
  • 監督 ウィリアム・モーガン(本編)/ハミルトン・ラスク(アニメ)/ジャック・キニー(アニメ)/ビル・ロバーツ(アニメ)
  • 脚本 ホーマー・ブライトマン/ハリー・リーヴズ/テッド・シアーズ/ランス・ノリー
    エルドン・デディーニ/トム・オレブ
  • 製作 ウォルト・ディズニー
  • 出演者 エドガー・バーゲン/ダイナ・ショア

 

作品紹介

楽しさだけではなく、ディズニーの歴史が詰まった、永遠の輝きを放つ作品。

ウォルト・ディズニーミッキーマウスの声を担当した最後の作品であり、ディズニーの最も有名な4人のキャラクター、ミッキー、ドナルド、グーフィー、ジミニー・クリケットが共演した唯一の作品である。

そこに登場するのは、魅力的な登場人物たち、楽しい音楽に冒険…。

ディズニー伝統の、キャラクターが物語を語る形式で綴られ、2つの話のホストを務めるのはジミニー・クリケット。

1つ目の「ボンゴ」は、小さなサーカスのクマが、いじめっ子よりも勇気があって頭がいいと証明する物語。

2つ目はミッキー、ドナルド、グーフィーの「ミッキーと豆の木」。
「ジャックと豆の木」のディズニー版で、ミッキーたちが巨人のウィリーと対決する…。

ディズニープラスより引用

「ボンゴ」について

ディズニー人気キャラの共演

 

この作品は、前述の紹介でも書いたが、ミッキーやドナルド、グーフィー。
そしてジミニーが共演した、最初で最後の作品だ。

さらにウォルト・ディズニーが今作をもってミッキーの声を降りた作品でもある。

そういう意味では、一応「歴史的」な出来事があった作品である。
それは間違いないと言える。

 

ちなみに今作品は「2つ」の短編から構成されていて、「ボンゴ」はこの作品オリジナルのクマのキャラクター、ボンゴが登場。
「ミッキーと豆の木」は「ジャックと豆の木」をミッキー、ドナルド、グーフィーが演じるという作品になっている。

 

ちなみに個人的には「ボンゴ」は、ここまでのディズニー作品と比較すると興味深いシーンも多かったので、まずは「ボンゴ」についてから語っていきたいと思う。

 

 

ポイント

✅ディズニーキャラクターが共演する作品。

✅個人的には「ボンゴ」がオススメ!(笑)

「ボンゴ」は「ダンボ」のオチをある種の相対化している

 

まずはジミニーがストーリーテラーとして届ける「ボンゴ」

この作品はサーカスの人気者のクマ「ボンゴ」がサーカスから脱走し、自然界で生きるという物語になっている。

 

ある意味でこれは「ダンボ」の結末と全く逆になった作劇だと言える。
「ダンボ」では、最後にサーカスのスターの座を勝ち取ったダンボが、そのままアメリカ全土で人気者となり、喝采を浴びる終わり方をした。

今まで虐げられていた場所で輝きを放つ。
この終わり方も、この作品では確かに正しい終わり方だと言える。

 

しかし同時に、とはいえ「見せ物」である。
このことに、微妙に、しかし小さくはない引っ掛かりを覚えたことも事実だ。

「ボンゴ」はこの「引っ掛かり」から着想を得た作品なのではないだろうか?

 

そういう視点から見ると、非常に興味深い作品だと言える。

 

 

ポイント

✅「ダンボ」を相対化する視点なので、セットで見るとより楽しめる作品!!

✅「ダンボ」好きなら、間違いなくオススメ!!

自然界は「バンビ風」

 

ちなみにこの作品、ボンゴが脱走後は、割と「バンビ風」な作劇が展開される。

人間界で飼われていたボンゴ。
彼は確かに自由はなかったが、それでも必要最低限のものは管理されていた。

だが自然界にはそれがない。

そのことに対して彼は驚くのだ。

 

そして初めての夜。
雷雨のシーンなど、轟音に慄くボンゴ。
「バンビ」でも「世界を知る」という展開でもこのようなシーンはあった。
もちろん重厚感でいえば「バンビ」の方が全然あるし、「ボンゴ」はかなり軽い。

とはいえ、やはり「雷雨」というものは自然界で体験する「初めての」恐ろしい現象であるということは、両作品共通して描かれる。

 

そして後半は、恋の物語となる。

ボンゴが恋するルルベル。
その恋路を邪魔するランプジョー。

ここで展開される悲しい勘違いなどは、作劇がもっと重ければ、ここはかなり悲劇的になったのだろうが、かなり軽く描かれる。

 

編集長
なぜかルルベルにビンタされるボンゴが可哀想ではある。

 

ちなみに本当に「野生のくま」は好きな相手に「ビンタ」するんでしょうか?

「ダーウィンが来た」とかで特集してくれないかなぁ笑

 

ちなみに最後「ランプジョー」に「ボンゴ」は勝利するわけだが、このロジックが「サーカスにいた」だからこそ勝てる。
という、「なぜボンゴが勝てたのか?」
そして「ボンゴでなければ勝てなかった」

つまり、だからこそ彼が主人公である。

ということを証明する、非常にいい締め括りになっているのも、注目!!

 

 

ポイント

✅なかなか馬鹿にはできない、いいできの作品だと思います!

 

「ミッキーと豆の木」について

これは、これで「いい」

 

この作品はジミニーは引き続き登場するが、かなり特殊な作劇になっている。

それは、現実の風景にいきなり世界観が変化して、ある家でおじいちゃんが孫娘にするお話。
その登場人物が「ミッキー」たちになっている。
という体裁に変化するのだ。

しかしアニメのジミニーはそこに存在している。

要は、これまでのオムニバス同様、今作でも「現実」と「アニメ」の融合を試みているのだ。

ちなみにこのシーンで出演しているのは「南部の唄」で主人公を演じた「ルワナ・パットン」だ。

この「南部の唄」も「アニメ」と「実写」の融合をしている作品で、今では鑑賞することができない。
(黒人奴隷制の美化に繋がるというのが理由)

ちなみに「スプラッシュ・マウンテン」の元ネタだが、同アトラクションのモチーフが今後変更されるのは、記憶に新しい話ではないだろうか?

変更後は「プリンセスと魔法のキス」になるとのこと。

 

ちなみに話は、「幸せの谷」を豊かにしていた「歌うハープ」巨人が奪い、この地は荒廃。
その後、ミッキーたちが手に入れた巨大な豆の木を登って、巨人からハープを取り戻し、「幸せの谷」を元に戻す。

という物語になっている。

 

ちなみに「ボンゴ」と共通する点として、欲張りで横暴な存在が「敵」だという点が挙げられ。
作品を通じてのメッセージは「意地悪をしちゃいけない」という一応の教訓めいたものがある。

ただ、まぁこれ「ミッキー」「ドナルド」「グーフィー」が好きなら、それだけで満足できるんですけど、正直「それ以上」もない。

 

編集長
要はこれ以上深掘りする点もなんですよ笑

 

 

ポイント

✅ディズニーキャラクター集合に相応しいクオリティはある。

 

ちなみにこの作品。
オチが不思議だ。

おじいちゃんが孫娘に話を語り終えた後、急に巨人がやってきて、いえの中を覗き、そしてハリウッドの町を歩く後ろ姿で幕を下ろす。

なんでああいうオチなんですかね!?笑

そういうところに何かしらの意味を見出そうと思うのですが・・・。
ちょっと見えなかったです・・・。(悔しい)

今作を振り返って

ざっくり一言解説!!

いいところも、ある!!

悪いところばかりじゃないです!!

まとめ

 

今日の評論、というか「ラテン・アメリカの旅」からそうなんですけど。
ここしばらく「総チェック」に対する歯切れがすごく悪い!!

この企画をやる前。これらの作品って、探しても、あんまり語られることがなくて、「どうしてか?」と思ったんですけど、その理由がわかってきました!

 

それは、「語るのが難しい」
いってしまうと、別に「見るほどのものじゃない」感じっていうのが、ひしひしと伝わってくるんですよ!!

 

もちろん「いいところ」もある。
それは認めますが、やはり「在庫セットセール」の雰囲気が強い・・・。

確かに「映像ソフト」の日本販売がないのもわかります。

でも、だからこそ、後二作品のオムニバスはチェックせなばならない。
と決意新たにした部分もあります!

 

 

まとめ

  • 「ボンゴ」と「ダンボ」は比較するといい!
  • 人気キャラ共演は直接していないので、ちょっと語弊がある。
  • オチが謎すぎる!

 

ということで、「オムニバス」は後ちょっとで終わるので、ぜひ一緒に乗り越えましょう笑

映画評 評論

2021/7/22

【映画記事】『竜とそばかすの姫』ーネットと現実ー

  今回は久しぶりに「新作映画」の評論です! ということで今日は、細田守さんの新作映画『竜とそばかすの姫」を見てきましたので、早速深堀り解説していきたいと思います!     今作のポイント 細田守の総決算!! 作り手は、ネット・SNSが悪いものではない、それ以上に「人間を良くする」と信じている! 今の「現実」と「ネット」の複雑な関わりが、物語を複雑にしている。 目次 『竜とそばかすの姫』について基本データあらすじインターネットの可能性を信じる男、細田守細田守の足跡ネガティブではなく、ポジティブに「インター ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/7/10

【映画記事】『ズートピア』ーディズニー史上、最もパーフェクトな作品ー【ディズニー総チェック】

  さて、今回も「長編ディズニーアニメーション」を公開順に鑑賞し、批評する「ディズニー総チェック」をやっていきたいと思います! ということで今日は通算55作品目の『ズートピア』を取り上げます。   とにかく「パーフェクト」「非の打ち所がない」作品なので、語るのが大変ですが、今日も頑張って深堀りしていきたいと思います。   今作のポイント 過去のディズニー作品の「負」を精算する作品。 ストーリー、物語構成、テーマ、全てが素晴らしい! 「新生ディズニー」の到達点! 目次 『ズート ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/6/28

【映画記事】『ベイマックス』ーDIY精神こそ「マーベル」【ディズニー総チェック】

  今日も「ディズニー長編アニメーション」を公開順に鑑賞・評論をしていく「ディズニー総チェック」 ということで、今回は通算54作品目『ベイマックス』について深堀り解説していきたいと思います。   今作のポイント 原作が「マーベル・コミック」であるということ。 「ヒーロー映画」と見るか、「ハートフル映画」と見るのか? DIY精神こそ「マーベル」である。 目次 『ベイマックス』について基本データあらすじ特筆すべきは原作が「マーベル作品」であるということ「ディズニー帝国」の歩み原作は「マーベ ...

ReadMore

ディズニー総チェック 評論

2021/6/22

【映画記事】『アナと雪の女王』ー史上最高傑作誕生ー【ディズニー総チェック】

    さて今日は「長編ディズニーアニメーション」を公開順に評論していく「ディズニー総チェック」 今回は通算53作品目、そして、現状「ディズニー史上最高傑作」の一本と誉れ高い『アナと雪の女王』を徹底的に深堀りしていきたいと思います。   思えば、人生で最初に「映画評論」的なことをした作品も、『アナと雪の女王』で。今にして思えば、この作品を語ったところから、「映画を見る」だけでなく、そのあと「評する」楽しさを教えてくれたのが、この作品なんですよね!   ということで、 ...

ReadMore

映画評 評論

2021/6/15

【映画記事】『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』ーできるだけ、わかりやすく深堀りー

  さて、今日は久々に新作映画の深堀り解説をしていきたいと思います。 ということで紹介するのは『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』です!   この作品のポイント シャア・アムロの思想を受け継ぐのが、ハサウェイ。 しかし、理想と現実に隔たりがある。 それでも「テロ」を起こして世界を変革しようとする男の物語。 目次 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』について基本データあらすじシャアとアムロを継ぐ男簡単に今作までを振り返る大きすぎる思想と、現実のギャップ今作を振り返ってまとめ 『機動戦士ガンダム 閃光のハ ...

ReadMore

-ディズニー総チェック, 評論
-

Copyright© Culture Club , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.