映画評 評論

【2022年新作映画】『大怪獣のあとしまつ』をあとしまつする!

今回は、公開初日から各社の映画レビューが荒れに荒れまくっており、SNSでも大炎上。

大荒れに荒れている新作映画『大怪獣のあとしまつ』

こちらを鑑賞してきましたので、作品の感想等を短く簡単に語りたいと思います。

 

編集長
スタンドFMでも好評配信中!!

 

 

あらすじ


ドラマ「時効警察」シリーズの三木聡(みきさとし)監督が「Hey! Say! JUMP」の山田涼介を主演に迎え、巨大怪獣の死体処理を題材に描いた空想特撮エンタテインメント。

 

人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然死んだ。

国民が歓喜に沸く一方で、残された死体は徐々に腐敗・膨張が進んでいく。
このままでは爆発し、一大事を招いてしまう。
そんな状況下で死体処理を任されたのは、軍でも警察でもなく、3年前に姿を消した特務隊員・帯刀(オビナタ)アラタだった。

アラタとかつて特務隊で同僚だった環境大臣秘書・雨音(アマネ)ユキノを土屋太鳳、ユキノの夫で総理秘書官の正彦を濱田岳、爆破処理のプロ・ブルースをオダギリジョー、未曾有の事態に翻弄される総理大臣・西大立目完(にしおおたちめ かん)を西田敏行が演じる。

「平成ゴジラ」シリーズや「ウルトラマン」シリーズの若狭新一が怪獣造形を担当。

公式サイトより引用

 

 

 

 

「あとしまつ」が大変な映画である

さて、この『大怪獣のあとしまつ』を文字通り、どう「あとしまつ」すればいいのか?

相当悩ましいところですが・・・。
まず、僕なりの結論として、「少なくとも2022年、これより酷い映画を見れる自信はない」
2月にして、今年ワーストレベル、それも下方向に頭10個くらい抜けた作品だったと思います。

このダメさを説明するのにどうしても「作品の内容」を指摘していかなければならない。
つまりどうしたって、ネタバレ不回避なことになってしまう。

 

だから、どうしても「この作品が見たい」という方、山田涼介ファンの方。

 

そういう人は、ぜひ聞かず、そして評判もググらず、SNSでチェックせず今すぐ見てきてください。
まぁもしかしたら、面白いって思うかも知れないしね。
でも、100%、ほとんどの人がガッカリすると思うよ・・・。

 

 

いいところ!

さて、では、この作品のまず「いいところ!」
もちろん「良いところ」が全くない、ということはない。

そのポイントを一つだけ先に指摘しておく。
まぁ一個しかない時点で・・・、って感じですが。

 

唯一のポイントは「設定の面白さ」だ。
具体的に指摘すると、「怪獣の死体処理」という点だ。
特に日本では「怪獣特撮」がポピュラーなジャンルで、「ゴジラ」「ガメラ」など有名な怪獣が存在している。

見た事がなくても、聞いた事があったり、それがどういった物なのか、なんとなくイメージできるのではないだろうか??

 

さて、こうした作品で実は語られなかった問題、それが「死体」ってどうすんの?問題だ。

 

あんなにでかい怪獣の死体を、一体どのように処理しているのか?
それらは、確かにこれまで語られなかったが、考えればすごく気になるテーマなのだ。

例えばその際たるが「シン・ゴジラ」での「ゴジラ」の死体問題だ。
あれほど巨大な死体、そして「解凍」されれば再び進化して、形態変化し人類を滅亡させる、そんな危険な「死体」
それも「仮死状態」の物体があの世界には残されているのだ。

そうした過去の怪獣特撮で、実は不問にされていた問題をテーマにするというのは、これは非常に面白い試みだと言えるのだ。

普通にやれば、絶対に面白くなるし、今年は「シン・ウルトラマン」も公開される(確か5月13日公開)、こうした流れもあるので、日本人に再び「特撮」の面白さを伝える良い機会。
それこそジャニーズファンも巻き込んで、「特撮面白い」と認識させることもできる、大チャンスだったのだ。

 

ただ結果は「最低」「最悪」なものが生み出されてしまった。
そして、これがさらに「最低・最悪」なのは、普段「特撮」というジャンルを見ない人に「やっぱり”特撮”って面白くないんだ」と思われてしまう。
「特撮」というジャンルに対して泥を塗る行為に他ならないのだ。

 

 

 

 

 

ダメなポイント!

じゃあ何が悪いのか?

 

それについて触れますが、基本的に物語の構成自体は、突然の飛躍など問題もあるものの、まだ理解はできる。

 

「死体」処理をどの各省庁に任せるのか、現場監督は誰がするのか?
閣僚たちの世論を先読みしての、じき首相の座を狙うための暗躍。
そして主人公アラタやユキノ、マサヒコの関係性。

 

アラタの謎的な部分は正直「ウルトラマン」などを見ていれば、容易にオチは想像がつきそうなものだが、それでも「興味」をつなげる、物語の推進剤としては機能をまだしている。

編集長
まぁ正直予想していたとはいえ、その「オチ」にするなら、最初からその「手段」でやれば良くないか?というツッコミもしたくなるのだが・・・。

 

多少の物語的な「飛躍」はあるが、まだ許容はできた。
(ただし特撮的なリテラシーがないと、ここにも拒絶感はあるかも、他の特撮はもっと話の飛躍とかすごいし、それに僕が慣れている可能性もある)

 

ただ、この作品の問題点はそこではない気がする。

 

それは何か、この映画随所に「意味のない下ネタ」が多い。
そして、政治家への批判描写、某政治家、まぁ名前ぼかさず言いましょう、蓮舫です、まぁ彼女の行動自体は蓮舫プラス、小泉進次郎も入ってるんですが・・・。
とにかく、なぜか妙に政治家に対する批判があったり。
あと、某国家への明らかな皮肉、これも言いますけど「韓国」ですね。

 

別にこれらの要素そのものは悪くない。

例えば映画的にそれが「意味のある要素」になってれば、むしろこれは「良い点」にもなり得る(CODAの下ネタ描写はいい例)。
特定の政治家や、国家への「反対意見」
これも、作品というのは監督のメッセージを込めるものだから、そういう要素があってもいい。

 

ただ、今作においてこれらの要素は、ことごとくすべっている。
というより、明らかに作品のバランスを崩しているのだ。
簡単にいうと、「意味がまるでない」のだ。

 

これらの描写を通じて何が言いたいのか?

例えば怪獣の死体に「キノコ」が生える。
その中身がバラまかれると、そこら中の土地や人間に関わらず「キノコ」が生える。
だから、死体を処理する。

それ終盤まで、「なぜキノコ」なのか、その必要性もわからない。
だがそれが終盤明らかになる。

 

「染谷将太」が全裸でキノコが体から生えまくり、下腹部が黒くモザイクされる。

 

「一つだけおかしなキノコがある」と何度もこのネタをするのだが、それがことごとく滑るのだ。
なんなら「キノコ」である理由は、このネタをしたいがためなのか?と思わざるを得ないのだ。

 

 

 

 

結論:最悪!

一時が万事、このように作品のバランスを崩す描写の数々で、見ていて相当イライラさせられるし、「なんのためにこの要素があるのか?」
それが全く見えてこない。

 

そのため最終的に「どうでもいいわ」と思わざるを得ないのだ。

 

監督や、作り手の主義・主張が作品に込められること自体は、悪いことではない。
だが、今作では、それらが不必要に物語と乖離している。

というか、どう考えても無駄になっているので、見ていて興味を失わせるのは大問題だ。

 

逆にこうした描写を「特撮」に入れることで、「問題提起」しているつもりなら、どうしようもないですね。

このように今作品はとにかく、全体的に不必要な要素が多すぎて、これらが「真面目に映画を見る気持ち」を削ぐということになっているのだ。
正直出演者全員被害者で可哀想ですね。

 

菊地凛子とか、「パシフィック・リム」のオマージュで出したのか?
とか色々勘繰ったけど、出てくる必要性はまるでないし。

まぁ、そういう変な要素全部削って「山田涼介」周りの「死体処理チーム」の描写を中心に物語を構成すれば、全然「面白くなりそうな」テーマだっただけに、残念で仕方ない。

 

ということで、結論としては、申し分なく今年のワーストワンになることでしょう。

まぁもしも「時間・金」が有り余って、ダメな映画を「見たい」という物好きな方には「おすすめしてやろかい」

でも後悔するんだから、やめたほうがいいと思います・・・。






映画評 評論

2023/1/31

『イニシェリン島の精霊』〜しょうもないことが怖いんだ〜

  今回は新作映画評論ということで、もしかすると大注目作品になるかも知れない作品を見てきました。 ということで、第95回アカデミー賞において、作品賞、監督賞(マーティン・マクドナー)。主演男優賞(コリン・ファレル)、助演男優賞(ブレンダン・グリーソン)、助演男優賞(バリー・コーガン)、助演女優賞(ケリー・コンドン)、脚本賞(マーティン・マクドナー)、作曲賞(カーター・バーウェル)、編集賞(ミッケル・E.G.ニールセン)の主要8部門9ノミネートを果たした。 『イニシェリン島の精霊』を評論していきたいと思いま ...

ReadMore

映画評 評論

2023/1/28

『おやゆび姫 サンベリーナ』〜評価は最悪、実際はどうなん??〜

    今回は、以前評論した『アナスタシア』に引き続き、元ディズニーアニメーターのドン・ブルースが生み出した作品を評論。 ということで『おやゆび姫 サンベリーナ』を評論したいと思います。   ポイント ドン・ブルースってどんな人? 前半はかなりいい! サンベリーナ視点で描く徹底ぶり 目次 『おやゆび姫 サンベリーナ』について作品データ実は悪くない!!ディズニーを脱退した男!映画は「絶対評価」or「相対評価」!?文句なしの前半原作がそうだから、仕方ないかもしれないが・・・。決着の行方は??映画は時間芸術 『 ...

ReadMore

PIXAR総チェック 評論

2022/12/17

『カーズ2』〜1作目からの変化とは?〜【ピクサー総チェック#12】

  今回は久々に「ピクサー作品」を公開順に鑑賞し、評論する「ピクサー総チェック」 今回は人気の「カーズシリーズ」の第2作目『カーズ2』について語りたいと思います。   この作品のポイント 前作から大きく変わった作劇 実は皮肉に満ちた「エネルギー論」 リンク 目次 『カーズ2』について基本データあらすじ一作目からガラリと変わる作風1作目の面白さとは?作風が大きく変化している新エネルギーをめぐる陰謀友情についてまとめ 『カーズ2』について 基本データ 基本データ 公開 2011年 監督 ジョン・ラセター/ブラ ...

ReadMore

映画評 評論

2022/12/8

『THE FIRST SLAM DUNK』〜好き嫌い分かれる作品〜【映画評論】

  今回はバスケットボール漫画・スポーツ漫画。いや、少年漫画史に残る金字塔のアニメ化作品。 『THE FIRST SLAM DUNK』を評論したいと思います。   この作品のポイント なぜ今「スラムダンク」なのか? 原作との距離感で評価が変わる リンク 目次 『THE FIRST SLAM DUNK』について『THE FIRST SLAM DUNK』基本データ作品紹介なぜ、今「スラムダンク」なのか?賛否両論のアレンジ宮城リョータが主人公たる理由コンプレックス乗り越えてただし問題もあるまとめ 『THE FI ...

ReadMore

映画評 評論

2022/11/16

『すずめの戸締まり』〜本当にこれでいいのか?・・・〜【新作映画評論】

  今回は『君の名は。』『天気の子』とヒット作を連発している、新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』 こちらの作品ついて今日は深堀りをしていきたいと思います。   この作品のポイント 過去作を踏まえた上での『すずめの戸締まり』 意図は理解できるのだが・・・。 天災の扱い方に疑問 リンク 目次 『すずめの戸締まり』について作品についてあらすじ本当にこれが「いい作品」なのか??過去作との関連性震災を描くという意味そもそも、映画としての「質」が悪くないか??もちろん「言いたいこと」はわかるま ...

ReadMore

-映画評, 評論
-

Copyright© Culture Club , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.