ディズニー総チェック 評論

【映画記事】『ボルト』ー再興への手応えー【ディズニー総チェック】

2021年5月23日

 

今回は「ディズニー長編アニメーション」を公開順に鑑賞し、評論する「ディズニー総チェック」

ということで今日取り上げるのは、通算48作品目の『ボルト』

 

いよいよ「暗黒期」から脱却し「再興」への道を歩みだした「ディズニー」
その道の第一歩。
と言うにふさわしい作品を、今日は深堀りしていきます。

 

今作のポイント

  • 無駄のないストーリテリング。
  • ジョン・ラセターが制作に全て関わった最初の作品。
  • 『トイ・ストーリー』の実質語り直しという側面を持つ。

『ボルト』について

基本データ

基本データ

  • 公開 2008年
  • 監督 クリス・ウィリアムズ/バイロン・ハワード
  • 脚本 クリス・サンダース(ストーリー)/クリス・ウィリアムズ(シナリオ)/ダン・フォーゲルマン(シナリオ)
  • 声の出演 ジョン・トラボルタ/マイリー・サイラス

あらすじ

犬たちが活躍する最高のアドベンチャーへようこそ!

ハリウッドの人気ドラマのヒーロー、ボルトの問題はドラマの世界を現実だと信じ込んでいること。

ある日、手違いでニューヨークに運ばれてしまったボルトは、ペニーや共演者たちと離れ離れになってしまう。

しかしボルトはすぐに行動を開始。
悪を倒してペニーの元に戻るために“スーパーパワー”を解き放つことを決意するが…。

ボルトと仲間たちのアクション満載の大冒険は見逃せない!

ヒーローには“スーパーパワー”なんて必要ないのだ。

ディズニープラスより引用

久々の「高評価」作品

低迷期から脱する第一歩

 

今作は低迷に喘いできたディズニーにとって「転換点」となる作品だと言える。

まずは、2006年に行われた「ディズニー」による「PIXAR」の買収。

 

これによって、「ディズニーアニメ部門」のチーフ・クリエイティブ・オフィサーにジョン・ラセターが就任。
その彼が制作に全て関わった最初の作品だ。

 

 

深堀りポイント

対外的には「ディズニー」が「PIXAR」を買収した。ということになっている。

 

だが、「ディズニー」の核である「アニメ部門」のトップに「ジョン・ラセター」が就任している点をみると、
実際は、「PIXAR」が「ディズニー」を吸収したとも言える。

 

事実、ディズニーCEOの「ボブ・アイガー」は「ディズニーをピクサー化」したいとまで言っている、その点からも明らかだ。

つまり2006年を境に「ディズニーが生まれ変わった」のだ。

 

 

つまり、「新生ディズニー」として再スタートの一本という側面を持っている。

そして、こうして作られた『ボルト』は久々に評論家から高評価を獲得。
アカデミー賞長編アニメーション部門に、ディズニー作品が久々にノミネートされるなど、復活の狼煙を上げたのだ。

 

 

ちなみに、2000年代は低迷期と言われるが、作品それぞれに「興味深い狙い」「意図」は見えるし、
「駄作」ばかりと言うつもりはない。

ただ、時代のニーズに合わず、
結果として、低迷を招いたということは留意しなければならない。

 

 

ポイント

✅「新生ディズニー」の船出の作品。

✅久々に高評価を獲得し、「復活」を印象づける。

物語はシンプル

 

さて、そんな「新生ディズニー」の旗揚げとして制作・公開された『ボルト』
この作品の特徴は、物語が「非常にシンプル」である。
これが大きな特徴だと言える。

というのも今作は基本的に「行って帰ってくる」という、非常にシンプルな物語構造となっているのだ。

 

ひょんなことから、飼い主である「ペニー」と離れ離れになったボルトとが、「ミトンズ」「ライノ」という仲間と出会う。
旅の道中でボルトは自分の真実を知り、そして成長して帰ってくる。

 

この様子を魅力的に描いているのが今作だ。

 

 

ちなみに今作の物語は、「PIXAR」が世にその名を轟かすキッカケになった『トイ・ストーリー』と非常に、そのストーリーラインが似ている。
個人的には「バズ・ライトイヤー」を主人公に添えると、今作『ボルト』になると思っている。

 

 

というのも、今作の主人公「ボルト」は、作中世界では『ボルト』というTVドラマの主役犬である。
そして彼は、自分が「スーパーヒーロー犬」だと信じている、つまり「ドラマの世界」を「現実」だと思いこんでいるのだ。

 

これはまさに「バズ・ライトイヤー」と同じだ。
最初は「自分がおもちゃ」だと知らないバズ、彼が「おもちゃ」であることを自覚して成長するのが『トイ・ストーリー』のメインストーリーだとも言える。

 

つまり、ジョン・ラセターは「ディズニー」に『トイ・ストーリー』をもう一度「別の視点」で語り直しをさせたのだ。

 

 

繰り返しになるが、ボルトは、物語の冒頭ペニーに飼われ、そして「スーパーヒーロー犬」として改造され、悪の秘密結社と戦う。
そんな風に自分は「スーパーヒーロー犬」で「超能力」が使えると信じ込んでいる。
今作はそんなボルトが「真実」を知る物語だ。

 

ボルトは「ニューヨーク」に手違いで贈られてしまい、そこからペニーと再会するために「ハリウッド」を目指す。
その道中で彼は自分に「超能力」がないことに気づくのだ。

 

ここでボルトが「発泡スチロール」に「超能力」を奪われたという勘違いや、「目からビーム」が出ない事に対するリアクションなどはまさしく「バズ」の反応そのものだ。
ちなみに「バズ」と同じく「運」で「超能力」らしい力を発揮してしまう点も描かれている。

 

そして、今作ではそんなボルトに事実を教える役目を「ミトンズ」に担わせている。

最初は「ニューヨーク」の路地裏で「悪の総統」のように振る舞っていたが、ボルトの無茶苦茶な要求に耐えかねて、彼と旅をすることになる。

 

その旅で彼女はボルトに「事実」を伝え、そして「自分」の身の上を明かすことになる。

 

 

ポイント

✅物語構造をシンプル。

✅実質『トイ・ストーリー』の語り直しという側面もある。

『トイ・ストーリー』の実質リメイクの側面

 

今作でボルトに事実を伝える役目を担うのは「ミトンズ」だ。
彼女は自分を本気で「スーパーヒーロー犬」だと信じるボルトを小馬鹿にするなど、実は『トイ・ストーリー』における「ウッディ」の役目を担っている。

 

だが、彼と旅をして心を開いていくうちに、実は『トイ・ストーリー』の「ジェシー」の役目も担うことになる。

 

彼女はもともとペットして人間に飼われていたが、捨てられてしまい、路上生活を余儀なくされていた。
そんな彼女から見れば「ペニー」が待っている。
そう信じるボルトは見てられないのだ。

 

 

「人間はすぐに変わりを見つける」

ミトンズはボルトにそう告げて「ペット」でいるよりも「自由な野良生活を楽しもう」と持ちかける。
そして、一度は勘違いながら、ペニーが「新しい犬」と遊んでいるシーンをボルトが見てしまうシーンも描かれるのだ。

 

このように今作は「物語設定」「キャラ造形」もさることながら、ある種「人間の身勝手さ」も描かれる。
つまり「人間は”ペット”を都合が悪くなったら変える」という点だ。

これも実は『トイ・ストーリー』の特に2作目で描かれた問題点と重なるのだ。

 

「おもちゃ」も「ペット」も都合が悪くなれば「捨てられ」「新しいものに目移りする」
中でもミトンズはジェシーと同じく、過去に捨てられたことが「トラウマ」になっているのだ。
このあたり、実はかなり深刻な問題点も『トイ・ストーリー』と『ボルト』は似通っている。

 

つまりこの作品は『トイ・ストーリー』における「バズ」が事実を知り、そこからどうするのか?
という点をボルトに託している。

さらに「ウッディ」「ジェシー」の役目を「ミトンズ」に背負わせる。

 

そのことで、観客は、かなり深い感情移入をキャラクターにしてしまうのだ。

 

 

 

ちなみに道中で「ライノ」というハムスターの仲間も加わるが、彼も「ボルト」をヒーローだと信じている。
彼が随所発する、何気ない一言、これが重要になっていく。

興味深いのは彼のキャラクターは「TV」で「ボルト」の活躍を観ており、そしてそれを「現実」だと信じていることだ。
これは年端もいかない子供が「特撮」を見て、それを信じているという構図と変わらない。

 

つまり「ヒーロー」を現実であると信じている、そのレベルが「ボルト」と「ライノ」では微妙に異なっているのも面白い点だ。

 

 

ポイント

✅『トイ・ストーリー』にかなり寄せているのは、間違いなく意図的。

本物のヒーローに

 

今作はボルトが「現実」を知り、そして自分が「犬」であること知る。
そして、時として「人間に裏切られる」こともある。

物語の開始時には「フィクション」しか知らなかった彼が「現実」を知る。
それでも彼は「勇気」でペニーを助けようとする姿が描かれる。

 

 

撮影の事故で起きた火災。
そのため置き去りにされたペニー。

彼女を救いたい一心で、現場に飛び込むボルト。
彼には「スーパーヒーロー犬」としての「超能力」はない。

だけど「その身一つ」でペニーを助け出すのだ。

 

 

これはある意味でボルトの「自己実現」だ。
これまでは、全て「虚構」での「ヒーロー」活動だった。

だが、すべての「事実=現実」を知って、なおボルトはペニーの為に「勇気」を振り絞り、そして彼女を助けた。

 

ボルトは「作られた」大衆のヒーローだった。
だけど、彼は勇気で「ペニーのヒーロー」になったのだ。

 

 

「誰かのために」その思い、願い。
それさえあれば「超能力」なんて必要なかったのだ。

 

このように、今作は最後に「ヒーローとは?」というメッセージにも踏み込んでいる。
「ヒーローとしてのアンデンティ」を失ったボルトが、現実を知る。
しかしながら、それでも「ヒーローとして」の「自己実現」という結末に至る。

 

この流れは本当に見事だと言う他ない。

 

 

ここでもう一つ補足しておきたいのは、「ボルト」がこのシーンで「犬として」出来る範囲の活躍以上はしていないのだ。
つまり「現実」に起こりそうなこと以上の力は発揮していない、つまり少々控えめな演出になっているのも特徴だ。

『トイ・ストーリー』ではラストに「バズ」が飛ぶシーンがある。
「カッコつけて、落ちてるだけだ」というセリフも有名だが、どちらかと言えば、やはり「派手」な演出だ。
そして、明らかに「おもちゃ」に出来る範疇以上の活躍をさせている。

このあたり、ラストの演出は「同じこと」つまり「自己実現」が描かれているが、そのトーンが実は違う。
これも今作の特徴といえる。

 

 

 

ちなみに今作はある意味で大人の「汚い」やり口、それをペニーの「マネージャー」を通して描いている。

子役として人気のペニー。
彼女を「自分の出世の道具」として利用していたが、最後にそれをくじかれるのは痛快だ。

 

だが、ここで見逃してはならないのは「TV局」のトップの女性キャラ。
「TVドラマ」のディレクター。

彼女たちも「大人のエゴ」に「子供を利用している」という点は変わらないのだ。

 

「多くの雇用を守るため」そのために「ドラマ」を継続しなければならない。
そうやって、ペニーを説得する。(ボルトが居なくなり、代わりの犬を「ボルト」のように扱えという無理難題)

それは他人のためと言いながらも、結局「自分たちのため」に「犠牲」を強いているのと同義だ。

 

今作はそんな、ある意味で「芸能界」の「闇」のような部分も描き、それを「悪」と描いている。
そういう「ハッと」はせられるシーンも描かれるからこそ、今作には独特の深みがあるのだ。

 

 

ポイント

✅勇気さえあれば「ヒーロー」になれる。真っ直ぐなメッセージ性も分かりやすくてGOOD!

 

今作を振り返って

ざっくり一言解説!!

シンプルに面白いで、復活アピール!!

まずは、本当に「シンプル」に勝負して、復活の狼煙を上げたね!

まとめ

 

まずは「シンプル」に「面白い」映画を作る。
そのことで復活をアピールしたディズニー。

 

 

そのためにやったことが、ほとんど『トイ・ストーリー』の語り直しというのも非常に興味深い。
そこに「ジェシー」の要素を足すことによって、ある意味で『トイ・ストーリー』と『トイ・ストーリー2』の要素を組み合わせているのも非常に面白い点だ。

 

考えれば「ペット」も「おもちゃ」も、もちろん現実的にこれらを「同義」で語ることは出来ないが、どちらも「買われ(飼われ)」
そして不要となれば「捨てられる」こともある。

実は『トイ・ストーリー』の「トイ」は「ペット」と近いものだったとも言えるのだ。

 

そう考えると、ある意味で「ペット」「動物」をテーマに、『トイ・ストーリー』を語り直すことには深い意味があるのだ。

 

 

 

そして、今作である意味で「現実を知る」
つまり、これまで持ち続けた「アイデンティティ」を喪失するという構図。

これもまた、ある意味で現状の「ディズニー」を描いているともいえる。

 

過去の「栄光」がもうないこと。
それを知りながら、もう一度、再起をかける。

必要なのは「今、勇気を出すこと」だというメッセージは、これまた痛烈な「ディズニー」の自己言及だとも言えるのだ。

 

前作『ルイスと未来泥棒』が「新時代宣言」であるなら、『ボルト』はそれを受けての「アンサー」だとも言える。

そして、その答えは見事に受け入れられ、「ディズニー健在」をアピールすることに成功したのだ。

まさに今作は「新ディズニー」の初めの第一歩だった。

 

 

まとめ

  • 「新ディズニー」の船出。
  • シンプル/面白いがテーマ。
  • ディズニー健在をアピールすることに成功!

映画評 評論

2022/11/16

『すずめの戸締まり』〜本当にこれでいいのか?・・・〜【新作映画評論】

  今回は『君の名は。』『天気の子』とヒット作を連発している、新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』 こちらの作品ついて今日は深堀りをしていきたいと思います。   この作品のポイント 過去作を踏まえた上での『すずめの戸締まり』 意図は理解できるのだが・・・。 天災の扱い方に疑問 リンク 目次 『すずめの戸締まり』について作品についてあらすじ本当にこれが「いい作品」なのか??過去作との関連性震災を描くという意味そもそも、映画としての「質」が悪くないか??もちろん「言いたいこと」はわかるま ...

ReadMore

映画評 評論

2022/11/7

『恋人はアンバー』〜自分自身を受け入れろ〜【新作映画評論】

  今日は新作映画について語りたいと思います。 ということで、今回はアイルランドから届いたユーモラスでチャーミングな青春映画の傑作。 『恋人はアンバー』を深堀りします!   この作品のポイント 自分を受け入れる物語 自分を縛るのは、環境ではなく「自分」だ! 目次 『恋人はアンバー』について基本データあらすじ自分を”自分”で受け入れる物語1990年代のアイルランド恋愛経験のないことに対する揶揄いかけがえのない存在にはなるが・・・。エディとアンバー前をいくアンバー、ついていくエディそこに「 ...

ReadMore

映画評 評論

2022/11/2

『アムステルダム』〜豪華キャスト作品だが・・・〜【新作映画評論・短評】

  今週も新作映画を鑑賞してまいりましたので、感想を語りたいと思います。 と言うことで、今日は本年度アカデミー賞有力と評判の『アムステルダム』こちらを鑑賞してきましたので、作品について深堀りします!!   この作品のポイント 豪華キャストで魅せる作品 「ほぼ実話」として語られるが・・・。 目次 『アムステルダム』について基本データあらすじ本当にあった「話」と言う体裁話の筋自体は、よくある話史実のように語られるが・・・なぜ、この物語を作ったのか?気になるところも・・・。まとめ 『アムステルダム』について 基 ...

ReadMore

映画評 評論

2022/10/17

『スペンサー ダイアナの決意』〜プリンセスは大変だ!〜【新作映画評論】

  今週は映画館にて新作映画を見てきましたので、作品についての感想・評論をしたいと思います。 ということで、今回紹介する作品は、世界中でファッショニスタとして、今なお愛される存在、ダイアナ元妃げんぴを題材にした作品。 『スペンサー ダイアナの決意』こちらを鑑賞してきましので、紹介したいと思います。   この作品のポイント プリンセスになったが故の苦しみ 歴史上の「王」「女王」として評価される恐ろしさ 「伝統」の本質的なおかしさが描かれる 目次 『スペンサー ダイアナの決意』について作品 ...

ReadMore

映画評 評論

2022/10/10

『アナスタシア』〜構成がうまい逸品〜【映画評論】

リンク   今回は「ディズニー」ぽいけど、実は「ディズニー」ではない作品として有名な『アナスタシア』を評論したいと思います。   ちなみに、この作品を制作した「20世紀フォックス」はディズニーに買収されたので、今ではこの作品は広義の意味で「ディズニー作品」の一つになってます。   この作品のポイント 主人公とヴィランの対関係がおもしろい 虚実を混ぜ、工夫された作劇 目次 『アナスタシア』について作品情報あらすじ見過ごせない逸品!!なぜディズニー作品っぽいのか?時代・舞台が確定している中での「プリンセス」も ...

ReadMore

-ディズニー総チェック, 評論
-

Copyright© Culture Club , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.